旅するように暮らしたい 教室の窓から、ぽかんと空を眺め、早く老人になりたいと願うようなこどもだった。しくじり草子の、ため息と深呼吸の備忘録。