ずっと生き難かった。ため息と深呼吸の備忘録。


by 草子
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

昨日のコロッケ弁



凝ったお弁当をつくれたらいいなあ、
と思うのだけれど、
思いとは裏腹に地味さがどんどん加速する今日この頃である。



通っていた中学校の近くにお肉屋さんがあった。
そのお肉屋さんは今、小さいながらもスーパーになっていて、
一日に何度も揚げる
いわゆる「お肉屋さんのコロッケ」が地元で人気なのだ。

じゃが芋がほくほくで、ラードが香ばしくて、
昔から一個40円なのも嬉しい。

コロッケを3個買う。
お夕飯に2個食べて、1個を次の日のお弁当にした。

お夕飯の余ったコロッケや精進揚げは、
翌日、甘辛いお醤油ダレをからめてリメイクするのがウチ流で、
母がつくった甘辛の残りものは
ほんとうに、よく、お弁当に入ったものだった。


c0145183_20414283.jpg

海苔段々ごはんに甘辛コロッケ、
手製の紅生姜と胡麻。
コロッケの甘辛味がしみた白飯が、おいしいんだなあ。
そして、
甘辛コロッケには、なぜか紅生姜が合うと思っている。


デザートは、いただきものの、お蜜柑。
甘くて酸っぱくて、あまりにもおいしいので、
敬意を表して「お」を付けさせてもらっている。
ありがたいことである。

c0145183_20414826.jpg








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
トラックバックURL : http://vegebatake.exblog.jp/tb/28505577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by green-field-souko | 2017-12-07 20:44 | のらべん | Trackback | Comments(0)