ずっと生き難かった。ため息と深呼吸の備忘録。


by 草子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2018年 01月 10日 ( 1 )

ウミネコのいない空と海



ときどき行く海辺は
外に立つのも躊躇する風が吹き、
ちぎれた波の花が、舗道の上にも舞っていた。

c0145183_08594856.jpg

こんな日は、海鳥すら飛ばない。

c0145183_08595375.jpg

寄せては返す波の、永遠。

c0145183_08595853.jpg

満ち潮なのか。沖の風が強まったか。
波はどんどん高くなり、
しぶきが暴れ飛び、
もう帰れと怒られているような気がして
素直に帰れなかった。

冬の日本海は重低音。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2018-01-10 23:18 | 旅と隠遁 | Trackback | Comments(4)