ずっと生き難かった。ため息と深呼吸の備忘録。


by 草子
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

秋陽



明治からを遺す水場に、
やわらかくなった秋の陽射しが
こぼれていた。

c0145183_10340077.jpg

でも、庭には
まだ、青もみじがさやさやと。

c0145183_10340553.jpg

ひずんだ板硝子なんかの
不完全なゆるさは、わたしの好きを超えている。

c0145183_10340840.jpg


夏を騒いでいた人たちは、
何処へ消えてしまったのだろう。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
# by green-field-souko | 2017-09-14 10:52 | 旅と隠遁 | Trackback | Comments(3)

朝方の虫の音



ちいさな鈴を振るように、
草むらで虫が鳴いている。

夜通し震わせてくれる
羽根を聴きながら、
このごろは、眠りについている。

空が白んでくる。

c0145183_03481430.jpg

雪国の秋は駆け足。
窓を開けたまま
眠れるのも、あとわずか。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
# by green-field-souko | 2017-09-13 03:51 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(2)

さつま芋のレモン煮



もったりした食感の
南瓜とか、
煮豆とか、
さつま芋とか
さつま芋とか
さつま芋とか
みたいなものが実は苦手なのだけれど、

畑で採れるからには食べるのだ。
消極的に。

c0145183_19111657.jpg

今年のさつま芋は「紅はるか」という品種。
おいしいと師匠は言うが、
丁稚には、おいしさが今ひとつ解らない。


「さつま芋のレモン煮」は、
レモンの輪切りといっしょに
砂糖、かくし味の塩、ひたひたの水で煮る。
(酒をとぷとぷ入れると料亭っぽくなる)


c0145183_19113777.jpg




それにしても、
秋になったというのに日中の蒸し暑いこと。

こんな日は、緑茶を熱湯で濃く淹れる。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村

# by green-field-souko | 2017-09-12 18:00 | ときどきプチ野菜料理 | Trackback | Comments(0)

草刈りの日



雑草退治には、つねに、膨大な時間と労力を費やしてきた。
除草剤を撒かないと決めているので
納得のうえではあるが、
トータルで一反オーバーの面積の表土を
明けても暮れても小鎌で撫で尽くさなければならないことが、
いいかげんイヤになった。

師匠は体力気力が落ちるお年頃。
丁稚は本業で時間不足だし、この夏は二度も熱中症に倒れた。
イヤというよりも、これはもう限界。

あきらめて除草剤を撒きましょう、と師匠はついに言った。
だがしかし、ちょっと待て、かーちゃん。
丁稚が、草刈り機を使ってみようではありませんか。
うなる回転刃がおそろしくて、今までスルーしてきたツールではあるが、
もう、そんな生ぬるいことは言っていられない。

で、
草刈り機の講習を受けたというひとからやり方を教えてもらい、
実際に使ってみたら、これが、まあ、なんと便利な!

草子には無理と思われていた(らしい)エンジン始動も一発。
わたしは女子高生時代、エンジン付き模型飛行機にはまっていたのだが、
なんだあ、草刈り機も同じ空冷2サイクルではないですか。
微調整なんかはむしろ簡単。ないに等しい。

従来の小鎌除草では何日もかかっていたのが、
草刈り機だと、わずか3時間。
ここしばらく折れかけていた気持ちが復活しました。
まだまだやれるね、無農薬有機野菜づくり♡


来年の春は、堆肥化した雑草を畝に鋤き込もう。
もっと、ふかふかに、肥やすのだ。

c0145183_06183473.jpg
c0145183_06184455.jpg





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
# by green-field-souko | 2017-09-09 06:21 | 畑でわたしは考える | Trackback | Comments(10)




長いこと留守にしていました。
黙って居なくなるつもりもなかったのですが、
ふと気がついたら、不在にした時間だけが過ぎていました。



シンと静まり返った空き家みたいな拙宅へ、
心配して覗きにきてくださった方。コメントをくださった方。
ありがとうございました。




それでは、何処で何をしていたかといえば、
ご報告できるほど変わったこともなく。
まあまあ怠惰に、たまに忙しく、そんな数か月でした。



c0145183_18020791.jpg
あいかわらずの現場弁当。
c0145183_18021591.jpg

c0145183_18022169.jpg

c0145183_18023503.jpg

c0145183_18023189.jpg
まだ片づかない現場。
始まりつつある現場。
その合間に本業、
という妙なバランスになってきていて、
さて何処へころがっていくのだろうか、わたしは。笑



さしあたっては、調査カード。
涼しくなってきたし、気持ちを落ちつけて机に向かいます。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村

# by green-field-souko | 2017-08-16 18:05 | のらべん | Trackback | Comments(6)

天気雨



杉木立の参道を歩いていたら、小雨が降りだした。
c0145183_08420414.jpg
飽和した空気中の水が
森のなかを漂っていたり、辺りをしっとりとつつんだりしていて、
それが、こまかな水滴になって落ちてくる。




越後一ノ宮。
ふうらりと来てしまった。

手と口を清め、ゆるやかな石の道をのぼり、二礼四拍手一礼。

儀礼的なつもりで、なんの気なしに打った自分の柏手が、あまりにも響いたので驚いた。
たいして力を入れないのに、空気がビンビン震えるなんて。
いったい、なに、これ?
近くに居たおじいさんも、音に驚いたのか、こちらを見ている。
なんなの、どゆことお?
わたしは見られて恥ずかしかった。


そうして、ほどなくして、一瞬、さあっと雨が落ちたかと思ったと同時に、
まぶしいほどの陽が突然、射して、
社の銅板の屋根から、もうもうと白い湯気が立ち昇った。
c0145183_08420936.jpg
雨で濡れた銅板が陽であたたまって起こった現象でしかないのだろうが、
それは、さながら、異界に雲が湧いているようであり、
多くの参拝者は
荘厳な光景に圧倒され、黙って屋根を眺めていた。
社から湧く雲をわたしも眺めながら、
どうしてなのかわからないけど、
神様がいるなあ、と解ってしまった。

一陣の風がビュンと、
わたしの上半身をピンポイントで吹き抜けた。
あの風は神様だったのかもしれない。




ここの狛犬さんの、
いかにもな魔除け顔が好き。
c0145183_08421323.jpg
さっぱりしたので、また行きたい。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
# by green-field-souko | 2017-05-21 08:44 | 旅と隠遁 | Trackback | Comments(16)

筍の煮もの




筍だけの煮ものが好き。
ほかになにも入らない、いさぎよさみたいなところが好きなのかもしれない。

c0145183_03144133.jpg


母の筍の煮ものは、「だけ」ではなく、さまざま入る。
筍、あぶらあげ、ほしかぶ(輪切りの切り干し大根)、じゃが芋、ときにはワラビやニンジンも。
畑や山にあるもの、保存食材、なんでも併せてしまうのがド田舎流。
若いころにはなんだかいやだった、無神経な雑多感も、今では好ましく思える。

祖父母が逝き、両親が老い、静かな家族になっていくにつれ、母の煮ものが懐かしい。
4世代9人家族。
おおぶりの鉄鍋の、ごちゃごちゃした煮ものの、にぎやかだったことよ。

「だけ」の煮ものは、ときに、すこし淋しい。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
# by green-field-souko | 2017-05-08 03:17 | そうるふうど | Trackback | Comments(2)

6月のことなのに




裏方だけでは済まない。
だけど、単純に表に出ればよいものでもない。

また、ハードルがあがった。

立場と立ち位置を、間違えないように。
そればかりを考えている。

6月問題のプレ仕事。
あさってから3日間。

c0145183_10170515.jpg




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
# by green-field-souko | 2017-05-07 10:19 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(2)

ヨモギ仕事



今年は特別、たくさんのヨモギを摘んだ。
ちょっとした秘密の場所があって、
そこには、やわらかいヨモギがわさわさ生えているので、
つい欲ばりな気持になってしまった。

やわらかい芯の部分だけを摘み取ったヨモギは、
持ち帰ったら、さらにやわらかい部分だけをちぎり、
重層を加えた熱湯で茹でる。
水気をギュッと絞り、小さくまとめて天日に干す。
干しあがると、紅花餅みたいになるので、湿気ないようにして保存。

c0145183_08531683.jpg


これをどうするかと言うと、
笹だんごの生地に練り込むのである。
よもぎ率が高いと、笹だんごは色よく香り高く、おいしい。

笹だんごは手間がかかる。
面倒くさいので、自宅でこしらえる家も今では少なくなったし、
このあたりでは技術の継承も、ほとんど途絶えているのではないだろうか。
うちは師匠がつくるひとなので、
今でも買うことはせず、たっぷりよもぎを入れて手づくりをする。

笹だんごづくりの継承。
畑仕事も含め、そろそろ、ちゃんと習得しなければ、と
気持ちだけはあるのだけれど。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
# by green-field-souko | 2017-05-07 08:54 | 畑でわたしは考える | Trackback | Comments(4)

道端のタケノコ



今年は例年になくタケノコが不作だとかで、
スーパーに出ていないし、
出ていても驚く値段なので諦めていたのだけれど、
たまたま通った道端でタケノコを発見。

ころんと太ったタケノコが
ビニール袋に入れられて簡易な棚にぶらさがっている。
灯台下暗しとはよく言ったもので、
まさか、地元の無人野菜売り場に豊富に並んでいようとは。

数人の先客がいて、
ああだこうだとタケノコを品定めしながら、
どのひとも嬉しそうに笑っている。

母親らしい小柄な老婦人を連れた青年が、
仔犬みたいにはしゃぎながら、
「今年もヤマザキさんのタケノコはいいよお」と
知っている相手のように、今だけ居合わせているわたしに言う。
老婦人の白髪が初夏の陽ざしの中で
ふわふわ輝いて、なんてきれいなのだろう。

ヤマザキさんの孟宗竹のタケノコは今朝、掘ったばかり。
中くらいのタケノコは1本500円。
大小2本の見当で1000円。
とても大きいものは1本1000円。
とは言っても、自然のものなので、サイズと値段は結構アバウト。
なので、みんな、これと思うタケノコを選ぶのに夢中。

「こっちのがおっきいから」
青年は親切に勧めてくれるが、
それだと、うちの鍋に入らないので、小ぶりの500円にする。

c0145183_08113650.jpg
備え付けられたペットボトルに500円硬貨を入れる。
どのひとも、わざわざ、ちゃんと払いますよ、の仕草でお金を入れる。
そして、どのひとも、ビニール袋を重そうにぶら下げて、
路肩に停めた車で嬉しそうに去っていく。

ヤマザキさんのタケノコは、ひとを善男善女にするね。



すぐにタケノコを茹でる。
とても新鮮なので、すこしも削り捨てるところがない。
ひとつかみのコヌカもヤマザキさんの親切。
(タカノツメはうちの畑産)

c0145183_08114242.jpg
あの青年とお母さんも、今ごろ、タケノコを茹でているかな。



ひと晩、茹で汁に浸けておき、
翌日、白だしでコトコト煮含めた。
あーーー、シアワセ。

c0145183_08114833.jpg






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
# by green-field-souko | 2017-05-07 08:15 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(2)


c0145183_15140259.jpg
行ってみようと思う。
どうせこんなもんだろう、と大きな歩幅でザクザク。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
# by green-field-souko | 2017-05-04 15:21 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(10)