ずっと生き難かった。ため息と深呼吸の備忘録。


by 草子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:のらべん( 116 )

のりたま弁



いつだったか、民俗の資料を読んでいたら、
ちゃぶ台の時代の食事事情が載っていた。

戦前は、みんな、お米をたくさん食べていた。
野菜や乾物や豆腐も、たくさん食べていた。
質素ではあるが、からだによさそうな日々のお惣菜に惹かれた。



資料に載っていた
中の海苔と上の炒り玉子が二重になっている、
女子用のお弁当を真似っこ。

c0145183_21025545.jpg

白飯×海苔×玉子=最強。うまうま♪




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2017-12-07 21:04 | のらべん | Trackback | Comments(16)

昨日のコロッケ弁



凝ったお弁当をつくれたらいいなあ、
と思うのだけれど、
思いとは裏腹に地味さがどんどん加速する今日この頃である。



通っていた中学校の近くにお肉屋さんがあった。
そのお肉屋さんは今、小さいながらもスーパーになっていて、
一日に何度も揚げる
いわゆる「お肉屋さんのコロッケ」が地元で人気なのだ。

じゃが芋がほくほくで、ラードが香ばしくて、
昔から一個40円なのも嬉しい。

コロッケを3個買う。
お夕飯に2個食べて、1個を次の日のお弁当にした。

お夕飯の余ったコロッケや精進揚げは、
翌日、甘辛いお醤油ダレをからめてリメイクするのがウチ流で、
母がつくった甘辛の残りものは
ほんとうに、よく、お弁当に入ったものだった。


c0145183_20414283.jpg

海苔段々ごはんに甘辛コロッケ、
手製の紅生姜と胡麻。
コロッケの甘辛味がしみた白飯が、おいしいんだなあ。
そして、
甘辛コロッケには、なぜか紅生姜が合うと思っている。


デザートは、いただきものの、お蜜柑さま。
甘くて酸っぱくて、あまりにもおいしいので、
敬意を表して「お」「さま」を付けさせてもらっている。
ありがたいことである。

c0145183_20414826.jpg








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2017-12-07 20:44 | のらべん | Trackback | Comments(2)




長いこと留守にしていました。
黙って居なくなるつもりもなかったのですが、
ふと気がついたら、不在にした時間だけが過ぎていました。



シンと静まり返った空き家みたいな拙宅へ、
心配して覗きにきてくださった方。コメントをくださった方。
ありがとうございました。




それでは、何処で何をしていたかといえば、
ご報告できるほど変わったこともなく。
まあまあ怠惰に、たまに忙しく、そんな数か月でした。



c0145183_18020791.jpg
あいかわらずの現場弁当。
c0145183_18021591.jpg

c0145183_18022169.jpg

c0145183_18023503.jpg

c0145183_18023189.jpg
まだ片づかない現場。
始まりつつある現場。
その合間に本業、
という妙なバランスになってきていて、
さて何処へころがっていくのだろうか、わたしは。笑



さしあたっては、調査カード。
涼しくなってきたし、気持ちを落ちつけて机に向かいます。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村

by green-field-souko | 2017-08-16 18:05 | のらべん | Trackback | Comments(6)

現場弁当0921






展示のための、聞き取り調査。

c0145183_17034794.jpg

失敗したわけじゃないのだけれど、
しかし、なんだろうね、
どうも、自分だけが
違う視点で聞いていた気が
しないでもない。




話を聞いて、裏とって、並べておわり、
じゃあないと思うんだけどなあ。

とかとか。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2016-10-05 17:22 | のらべん | Trackback | Comments(2)

夏の終わりの現場弁当





お弁当箱を買ってしまった。
http://www.tirakita.com/

c0145183_09274584.jpg

木のお弁当箱が好きで、ずっと使ってきたのだけれど、
すぐに洗って乾かせない現場向きではないなあ、
と思っていたので、ついに。










新しいお弁当箱のデビューは山古志。
ご厚意で三日間だけ現場に入れてもらい、
基礎データとなる調査カードの修正チェックなどをする仕事。







大学の先生や、えらい先生や、研究者も集まって、
しょっちゅうそのへんで、いちいち丁寧な挨拶が交わされる。
関係のないわたしは黙々と作業。
集中できるのが嬉しい。

c0145183_09305915.jpg
なにが嬉しいかというと、
面倒くさくなく裏方に徹していられて、
調査カードをチェックしながら山古志の収蔵品全体をつかめること。





すごいなあ。山古志は。
この地を訪れた宮本常一さんが、褒めただけのことはある。

c0145183_09312290.jpg
長岡市と吸収的な町村合併をした際、
合併後の変化(夢や希望や可能性)をマスコミかなんかに問われた
山古志の人々は言ったそうだ。
「今のままでいい」と。






ここのキモは、闘牛関係と横井戸だな。
c0145183_09314143.jpg
闘牛関係はさておき、
現役の横井戸はあちこちに残っていて、
現場のすぐ隣りにもあるというので見せていただく。


豪雪の恵みの伏流水。
掘りあて、導き、使いこなす技術。
それで錦鯉なのだな。
もっとも上にある池は天井界になぞらえていた。




もしまた、ここへ来ることがあったら、
おとしよりの話を聞きたい。
道具の名称や使用方法というよりも、
そのひとだけの人生の喜怒哀楽を聞き取りたい。
でも、まあ、そんな機会はないだろうけど。



調査カード540枚、終了。
よく働けました。
楽しかった。ありがとうございました。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2016-10-04 10:58 | のらべん | Trackback | Comments(4)

農園弁当0418




作業はあすまであるのだけど、
別件の予定が入っていて一日早く卒業。
朝から、ほかのバイトさんに「また来るよね?」なんて言ってもらう。
短期バイトも3度目になると、
ひたひたとした馴染み感が、お互いに生まれるみたい。

なんにしても、おしまいの日というのは嬉しい。
つぎの本業の予定が控えているのも嬉しい。
うちの畑もやらないと。

c0145183_5151860.jpg

       ・ごはん(海苔・おかか・梅干し)
       ・竹輪の磯部揚げ
       ・玉子焼き(葱入り)
       ・煮もの(こんにゃく・ひじき)
       ・うどのきんぴら


海苔+おかか+梅干しって、なんか元気出るわ。
c0145183_5153558.jpg



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2016-05-06 05:17 | のらべん

農園弁当0417




疲れているときは、生の肉や魚かネバネバもの、と決めている。
c0145183_22235193.jpg

長芋と、醤油漬け玉子。
お弁当のおかずとしては、およそ相応しくないけど、
だれに見せるわけじゃない。
当たる(食中毒のことね)としても自分だけ。



ごはんには、納豆をしのばせてみました。笑
c0145183_2224835.jpg


これが、まあ、うまうまな上に、とくに当たりもしなかった。笑


路駐の車中でお弁当を食べていると、
社長がパタパタと行き来している。
つくづく丈夫なんだなあ。
朝3時4時から、夕方5時6時まで、ろくにごはんも食べず重労働。

雪国で通年農業のサイクルを確立したり、
味のよい蕪や西瓜の栽培で、表彰されたりしているひとなんだけど、
いつもムッとしていて、いきなり怒りだす。
でも、ちゃんと対応をすれば、ちゃんと機嫌がよく、話のわかりもよい。

なにが、このひとを、怒らせているのだろうか。



奥さん?笑

しかし、作業場は奥さんでもっている。
どうにもならないだろうなあ。

ここのところ、社長が、新品っぽいブラックデニムを履いている。
農作業着としては、異例のおしゃれアイテムである。
で、仕事中に電話がくると、ゴム引き前掛けをべろっとめくり、
デニムパンツのポケットからスマホを取り出して対応をするのだけれど、
社長、下着のパンツが丸見え。

今時、腰履きなのか、単にズリ下がりなのか、バイトの間で意見が分かれている。
わたしの見解としては、ズリ下がり。
見せパンにアレはない。あり得ない。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2016-05-05 03:31 | のらべん | Trackback | Comments(2)

農園弁当0415



まだ、載せきれていなかったので、続き。



農園でたくさんハネかぶをもらったので、
かーちゃんに進呈したら、
ちょうどよかったと言って、上等の筍が返ってきた。

従兄の奥さんの妹さんの嫁ぎ先の筍。
そこんちは、いわゆる旧家で、広大な山林を持っていて、
毎年、トラックで幾つもの筍が採れるので、
うちあたりまでご相伴に預からせてもらっている。

一昨年、当主が亡くなって、
あの柔らかくてえぐみのない筍ともお別れかと思っていたのだが、
跡を継いだひとが、変わらずに、送ってくれる。

合掌してから、筍ごはんを炊いた。
c0145183_17163837.jpg


かぶの葉っぱもぎは、ある意味、苦しい。
なにが苦しいのかを考えてみた。

「農」ではないからかもしれない。
農園にしてみたら「農業」ではあるだろうけども、
そうしたやり方というか、システムは、限りなく商工業に近く思える。
せっせと収穫・調整したかぶを、
決まった時間にトラックがやってきて、何百箱も積みこんでガーッと走り去る。
ざっくり、ひと箱2100円程度。箱代別途。
どこで、いくらで、小売りされるか農園は分からない。

このころ、お弁当を食べながら、
自分ちの畑を想っていた。
時代に置き去られた、経済活動を望むべくもない、中途半端な畑。
でもそこには「農」が息づいている。
質素に生きられる程度の食物を恵んでくれる、そこが、いい。

c0145183_17415568.jpg

       ・筍ごはん
       ・千草焼き(玉子・きのこ・他)
       ・きゅうりと若布の和えもの



はやく、うちの畑のきゅうりを食べたい。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2016-05-04 17:51 | のらべん | Trackback | Comments(2)

農園弁当0414



お弁当には、
だれかの目にふれるお弁当と、
自分しか見ない自分のためだけのお弁当があると思う。

だからね、いいの。
c0145183_111858100.jpg

       ・ごはん(海苔)
       ・甘辛ダレをからめた一昨日のコロッケ
       ・和えもの(きゅうり・かにかま・マヨなど)
       ・オレンジ



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2016-04-24 11:19 | のらべん | Trackback | Comments(2)

農園弁当0413



労働者、不足。
みんな疲れてきている。
ばっくれた彼の処遇が、その後、どうなったのか知る由もない。
http://vegebatake.exblog.jp/25536289/



つらい状況があったとしても、
自分なりのベストを尽くす
ことが、
自分がつらさに呑みこまれてしまわない
ために、
必要なことではないかと思う。

なんて、偉そうなこと言ったりするけど、
ベストを尽くしたつもりでも、簡単に呑みこまれているよね、今も。
あれからどうしたのだろう彼は。

c0145183_105277.jpg

       ・ごはん(海苔)
       ・甘辛ダレにからめた昨夜のコロッケ
       ・竹輪(きゅうり・梅干し・わさび)
       ・マリネ(にんじん・レーズン)


昼休みが終わり、近所の自宅から戻ってきたバイトHさんが、
わたしのお弁当がなんだったかを知りたがる。
「ごはんとコロッケです」
と答えると、
「ほかのおかずは? コロッケは手づくり?」
と聞くので、
「ほかはたいしたものなくて、コロッケはスーパーのです」
と言ったら、
「わたしはね、マルちゃんの塩ラーメン」
に続けて
「と昨晩の残りの酢豚。だけじゃ足りないから、ごはん」
と、笑いながら教えてくれた。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2016-04-24 11:04 | のらべん | Trackback | Comments(4)