<   2007年 12月 ( 96 )   > この月の画像一覧

大晦日 年越し料理

 新潟県にはもともと、おせち料理は存在せず。また、なぜか、元旦よりも大晦日にごちそうをいただきます。現代では、寄せ鍋、すきやき、茹でカニ、お刺身、お寿司、スーパーのオードブルなどがオーソドックスなところでしょうか。

 で、今年のわたしは。このくらいのものをごちそうと思える、つつましくも丁寧な日々を、来年もやっていけますように。そんな静かな気持ちをもって、簡素にしてみました。北蒲原地方の、昔ながらの年越しのイメージです。


<塩引き鮭>
 新潟の年越し魚といえば鮭です。(糸魚川のフォッサマグナを境に県西はブリだそうですが)鮭の遡上する川がいくつもあり、身近な魚だからなのでしょう。
 このごろはキングサーモンが輸入されたり。塩鮭にしても薄塩仕様になっています。伝統的な塩引き鮭は、シロザケのぬめりをよく落とし、塩を丁寧にすり込んで、寒風に当てて熟成させるものです。しつこい脂や臭みがなく、身はしまって塩辛さの中に甘味といいますか、旨味があります。カリカリに焼けた香ばしい皮のほうが身よりも好き、というひとも多いです。
 付け合せは、菊花大根と、ベランダでまだ緑を残していたルッコラ。
c0145183_482259.jpg


<のっぺ>
 のっぺは新潟の郷土料理。その地方のみならず、家々で具も味つけもいろいろあります。たぶん、ですが。共通しているのは、里芋が主役で、とろみのついた根菜の煮物、という点ではないでしょうか。簡単につくれはしても日常的にはあまりつくらず、やっぱりこれはハレ・ケの、ハレの料理です。うちのほうでは、のっぺの具は、祝儀は拍子切り、不祝儀は乱切りと、区別しています。今でも結婚披露宴や葬式に、ご近所さんが参加する地域です。
 里芋、蓮根(はすね)、にんじん、たけのこ、ぎんなん、くわい、ゆりね、干ししいたけ、こんにゃく。貝柱・干ししいたけ・昆布のだし汁で具を煮て、塩・酒・醤油で味をつけます。いろどりにきぬさや。お祝いなので、よのこ(鮭のはらこを茹でたもの、ととまめ)をたっぷり散らします。鶏肉や鮭を入れるときもあります。お斎や法事では、油揚げを入れたりします。うちののっぺは里芋のとろみをいかし、片栗粉をかくことはしません。
c0145183_483327.jpg


<鶏南蛮蕎麦>
 小さな土鍋で、ちょっと贅沢な年越し蕎麦です。鴨は高級なので鶏肉。ほかに具は、長ねぎと、ピーラーで引いたごぼう、それにセリ。
c0145183_484634.jpg

by green-field-souko | 2007-12-31 22:56 | そうるふうど | Trackback | Comments(4)

雪の朝

 ふわふわの雪が舞っています。

 上空に寒気団が入ったらしく、しだいに気温が下がってくる感じです。佐渡のかげにある新潟市は、県内では積雪が少ないのですが。今年は、雪の二年詣りになるかもしれません。
c0145183_8412916.jpg

by green-field-souko | 2007-12-31 08:41 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(2)

おしまいの日

 「いいことなんて、なにもなかった一年だった」と、ネガティブなわたしは言ってみる。「大過なくすごせたのを良しとすればいいんじゃないの」と、ポジティブなひとに諭される。

 「あったじゃない。T文学賞もらえたじゃん」 それで喰えるわけじゃないもん。
 「今は日本の多くが不景気なんだからさ」 ここだけ特別に不景気かも。
 「飢えてないじゃん、一日3食たべれているでしょ」 どうせブタですよ。

 話しているうちに、あー言えばこー言う、になって。いつのまにか、なぐさめの言葉のすきまを、ネガティブで埋めていくことが目的になる。わたしは目的をみつけると強いタイプなので、ポジティブなひとが怒るギリギリを狙うことに、ある種の楽しさを見い出し集中してしまう。こういうのを「からむ」って言うのかも。しらふでからんでしまいました。すみません。

 ねていても閑だから、おきてなんかしよう。なんて。相変わらずの大晦日。不完全燃焼で不本意な、おしまいの日です。
by green-field-souko | 2007-12-31 04:57 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(5)
 きみの言うことは間違っていない。きみの言うとおりだ。正しいよ。しかし、正しいことを正当化するな。きわめて理論的なひとに、そう怒鳴られてキレられた。

 つまり、わたしは、相手を追いつめてしまったのだ。かなり頭のよいひとなので、わたしは緊張してしまい、あまりひどい遅れを取るまいと努めたら、結果、コツコツと、ジワジワと、知らず知らず相手の逃げ道をふさいでしまった。よかれと考えて言ったりやったりしたことは、相手のカードを奪い、ギチギチに縛りあげるようなものだった。それでキレられた。

 でもさ。違うんだよね。ミステイクしないことしか、あのときのわたしは、考えていなかったんだな。上出来の評価を明確にしてもらえなければ、対等じゃなくて、なにかを言ったりやったりする資格はないと思っていた。頭痛がするほどお子ちゃまな過去が基準だなんてことも、ぜーんぜん知らなかった。

 キレられて、わたしは呆然とした。なんだ。あほらしい。緊張することなんて、ひとつだって無かった。そりゃあね、基準が違いすぎ。椅子からずり落ちレベルだ。勘弁してくれ。だいたいね、正しくすらなければ、どうすればよかったのか。その言い方。気をつかうべきところが違っていると思う。
by green-field-souko | 2007-12-30 20:31 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(0)

小豆湯

 あずきゆ。鍋でとろとろ煮られた小豆が、あんこになるまでの途中でできる副産物です。お汁粉かと思いきや、もっと薄くて、やっぱり「湯」です。小豆が数粒入った甘いお湯、といったところでしょうか。

 はじめて飲んだのは、高校生のときでした。アルバイト先で。

 新潟市は、古くは開港五港のひとつとして栄えた港町。かつて町の中には堀がはりめぐらされ、多くの小舟が物資を積んで出入りしていたとか。たいそうにぎわい、花街もあったそうです。通称・下町(シモ)はいまも、そんな、庶民の気取らない生活文化が残るエリアです。わたしは高校生のとき、下町の小路の奥にある美容院でアルバイトをしていたのです。

 小さな店で、見習いみたいなことを、やらせてもらっていました。大晦日は大変な忙しさで。それにしても、昔の下町とはいえ、なんとまあ、店の隅でお雑煮用のあんこがフツフツ煮られていたのです。そんな中で、忙しさの合間をぬって、鍋からついだ小豆湯を、飲ませてもらったのでした。小豆湯は新潟市や近隣の、昔の飲み物なのかもしれません。
c0145183_127402.jpg

by green-field-souko | 2007-12-30 12:10 | そうるふうど | Trackback | Comments(0)

ほそびき

 郷土料理、ということになるのでしょうか。にしてもマイナーな郷土料理だと思います。

 千六本に切った大根、えび、里芋を、お醤油味で甘辛く煮含めた、簡単な料理です。あるとき、たまたま、里芋でなくじゃが芋を使ってみたら、それはそれでおいしいので、以来、じゃが芋でつくることもあります。今日のは、じゃが芋です。

 できたての熱々もおいしいのですが、冷めてもわるくありません。えびのおだしが身上です。えびはで売っているものが、食べなれているせいかベストです。桜海老みたいですが、よくわかりません。えび売りのおじいちゃんに訊くこともなく、ただ、えびとだけ呼んでいます。

 今時季の畑には、売りたいほど大根があります。里芋やじゃが芋も蔵にあります。あるものを煮つけただけの素朴な料理です。「ほそびき」の意味も、どんな漢字が当てはまるのかも、わかりませんが、冬の食卓にしょっちゅう登場します。
c0145183_7153679.jpg

by green-field-souko | 2007-12-30 07:17 | そうるふうど | Trackback | Comments(4)

永遠のイルミネーション

 あのころ。わたしが住んでいたアパートの窓から、新宿副都心の高層ビルがよく見えた。その風景は好きではなかった。無理だろうと思いながらも、TOKYOという果てしない海を、自分だけを頼りに泳ぎきりたいと願っていた、無力な田舎の女の子の眼には、ビル群は無機質で冷たく映った。

 ある日。クタクタに疲れて部屋へ戻り、メイクを落として着替えると、高層ビルに「リボン」が浮かんでいた。いつもなら、ランダムに明るい部屋部屋の窓が、今夜は、蝶々結びのリボンをかたちづくっていた。リボンの形を残して、ほかの窓の灯かりがすべて消してあった。
 わたしは、長いこと、灯かりのリボンを眺めた。なんて素敵なプランニングなんだろう。灯かりのリボンに見とれながら、ひとり、涙が止まらなかった。その日は、クリスマス・イブだった。

 電気代だけのコストにして最高の効果。だれが考えたのだろうか。
 どんなにすばらしいイルミネーションだろうと、あのときのリボンには、たぶん及ばない。おそらく、生涯、忘れることのない、永遠のイルミネーションなのだろうと思う。
by green-field-souko | 2007-12-29 19:14 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(0)

まっすぐに

 カミサマ どうかすこしだけ力を貸してください もう一度 立ち上がれるだけの
c0145183_15425994.jpg

by green-field-souko | 2007-12-29 15:46 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(0)

夜中のスウィーツ

 甘いもの、けっこう苦手なんだけど。生クリームとか全然ダメだし。知っているくせに、なんでケーキに付き合わせるかなあ。ならね、わたし、エスプレッソだけでいいから。

 仕事納めのひと達でお店は混んでいて。バニラアイスを除けて、これなら食べられるチョコレートケーキは売り切れで。かぼちゃのシフォンケーキと、塩味の効いたキャラメルアイス。お店にわるいから2つ注文したけど、うん、2個とも食べてよ。
c0145183_803966.jpg

 モンゴルにはまって第二の故郷にしちゃったオヤジ。愛犬のケータイ画像を溜め込んでやたら見せたがる課長。3日前から早退していながら呑まないとやってらんない社長。さっきまでいっしょに呑んでいたひとのことや、仕事における一般的な見解なんかを、楽しくだらだら話していたら、時計は翌日になっていた。これだから女同士って。
c0145183_81973.jpg

by green-field-souko | 2007-12-29 08:05 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(2)
 自分の弱さをみるのがこわくて、対峙することを避けてきた。と思う。
 だからダメなんだ。こわいものが見えないくらい突っ走れば、恐怖心なんてなくなる。傷口に塩をすりこむようなことを、もっとやらないと、ここでも、どこでも、生きていけないのだから。
c0145183_7273739.jpg

 いいかげん休んだろうから、さっさと歩き出しなさい。わたしが言う。

 戻ったところで磨耗と虚無しかないの、わかっているだろうに。わたしが言う。
c0145183_7275530.jpg

 堂々めぐりの夜。帰り道、あたたかな雨が降り出した。
by green-field-souko | 2007-12-29 07:30 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(4)