<   2008年 03月 ( 88 )   > この月の画像一覧

 フライトのチェックインを終えてラウンジで時間待ち中。というひとからメールが入る。

 いつものことながら、混沌としたアグレッシブなマーケットで仕事するのに、訊くほうが鬱陶しいほど嬉々としている。かならずしも家庭が必要じゃないタイプ。日本だけになんて居たくないんだ。会社勤めで定年を迎えるような日々をすごしていようものなら、きっと腐ってしまうのだろう。
 だけど、こういうひとをあてにしたり、頼る気持ちで家で待っている女のひとは、さぞかし淋しいだろうな。

 家を内にするから、出かけていくひとに不満がつのる。
 家を外にするか、外みたいな家にすれば、外へ行きたがるひとには快適だから、家や家庭に対してなんの問題もなかったのだろうになあ。

 その点は残念だったね。と言ったら、そのひとは笑っていた。



 気の重い用事に出かけてこよう。苦手な案件は、さっさと終わらすに限る。
by green-field-souko | 2008-03-31 10:26 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(0)

さきの見えない道だけど

 たまたま、わたしはゲイでもバイセクシャルでもないけれども、そういうことには関係なく、こういう恋愛は、恋愛の姿勢としていいな。強くて、真摯で、うつくしい。

 Quint Buchholz(クヴィント・ブッフホルツ)の絵にも、すごく惹かれる。
 心を鎮める洗練されたシュール。この二人は、高い美意識と知性を有する、草食動物のようだ。

 形骸化や法的しばりを否定しながら、心の弱いわたしは、倫理や社会常識にとらわれ続けている。愚かだと思いながら。勇気の出るような一説を抜粋(勝手にごめんなさい、インスパイアされてしまいました)。


               こんな風に先の見えない道だけど
               僕らの廻りには何にもないけれど
              きっと2人で手を携えて歩いていけば
               地平線の向こうにある道の先には
     きっと僕らが思いもしなかった幸せな何かがあるようが気がする。
by green-field-souko | 2008-03-31 07:55 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(4)

雨の月曜日

 新しいはじまり、月曜、というのは、それだけでなんだか疲れる気がする。

 おまけに、昨晩からの雨で、冷え込んでいるし。

 今日いっぱいで案件ひとつ終わらせて。できれば、すこし気の重い用事もひとつ。すこし気が重いものだから、義務ではないのをいいことに、なんとなく先のばしにしてしまっていた。


 「草子はわるくない」 そのひとは言ってくれた。
 「その証拠に、だれ一人として草子を責めないでしょ」 と諭してくれもした。
 であったとしても、どうしても〝すべては自分がわるいのだ〟という発想に、ぐるぐる遠回りしてでも行き着いてしまう。自己評価が低すぎる、とも忠告された。そうだろうか。そうなのだろうか。

 でも、自分に自信をもてるほうが、わたしには信じられない。自信たっぷりのひとをたまに見ると、いったいなんの根拠があって? と思ってしまう。自信につりあうだけのものが伴われていれば、自信をもつ資格はあるだろうけど。

 生きていくという行為は、みじめで、はずかしいことだらけだ。たぶん、そういうことで、生きるのがイヤになるのだ。


 
by green-field-souko | 2008-03-31 06:11 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(0)

あさつき

 かーちゃんの畑からもらってきた、あさつきです。
 「食べごろだから持っていきなさい」と、クワでぼこっと掘ってくれました。土や枯れ葉や雑草もいっしょ。
c0145183_5335963.jpg

 のびる、なんてのが土手に自生していますが、見た目も味もよく似ています。のびるをあさつきと呼んでいるのをべつの地域で聞いたことがありますが、うちでは球根の丸いのがのびる、写真のように細長い根っこのものをあさつきと呼んで区別しています。丸いのびるは、細長いあさつきより、もっと鮮烈な香りがします。
c0145183_5341551.jpg


 傷んだ葉と根をおとし、水洗いして揃えたあさつき。
 ねぎ類の白いところを眺めていると、ときどきなぜか、エロティックだなあ、と思ってしまいます。つるんと丸みがあって、つやつやしていて、白・紫・緑のグラデーションがきれいです。
c0145183_5385566.jpg

 あさつきは、うつくしい。生きている、のびている、勢いのうつくしさ。
c0145183_5414175.jpg

by green-field-souko | 2008-03-31 05:45 | 畑でわたしは考える | Trackback | Comments(2)
 仕事中に音楽は聴かないし、聴くとしてもこれは聴かなさそうだけど、でも買っちゃった。学生のころに、よく聴いていたやつのベストセレクション。
c0145183_2049120.jpg

 提出課題をはやく終えちゃったときなんか、校舎の階段に腰かけて、紙コップのまずいコーヒーを飲んで、空になると吸殻入れて、こんな歌をふんふん歌ってた。

 単位落とさなきゃなにやってもいいよ、ただし自己責任でね、という校風だったので、勉強だけはばかみたいに頑張って(でないと課題が多すぎてついていけない)、そうでないときは、ばかばかしく遊んでいた。

 連絡つくひとも居るけど、みんなに逢いたいとまでは思わない。音楽を懐かしんでも、思い出話なんかするのは、いやなのかもしれない。あれは、あのころだから、よかったんだろう。
by green-field-souko | 2008-03-30 21:00 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(2)

ふきのとうの塩炒め

 昨晩は、なにやらさわがしくて眠れず、朝ごはんが午後になってしまいました。

 ごはん、お味噌汁(とう菜・わかめ)
c0145183_160071.jpg

 なんだか億劫で、冷蔵庫にあるものなどを、ちょこちょこ盛りに。上から右回りに、しめじの煮たの、手綱こんにゃくのきんぴら、鶏のしょうが煮、とう菜のおひたし、しいたけといっしょにもらったプチトマト、ふきのとうの塩炒め。
c0145183_1602121.jpg

 この中で、とくに好きなものは、
 煮えたしょうが
c0145183_1603467.jpg

 ほろ苦のふきのとう
c0145183_1604561.jpg

 香りのものが好みのせいか、ごはんのおかずも、なんとなく酒の肴みたいになってしまいます。


 
by green-field-souko | 2008-03-30 16:07 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(2)

コーヒー淹れて本を読む

 昨日。掃除して、部屋の空気を入れ替えて、コーヒー淹れて、本を読む。至福。

 20代のころ、わたしはばかだった。いまもばかだけど、いまよりも全然もっとすごくばか。自分からなにかを出そうとしても、頭がからっぽでなにも出せない。とにもかくにも、自分になにか入れないことには、なにも出せないんだなあ。それに気づいて呆然とした。

 あの時期がいちばん本を読んだと思う。なんとなく量を読んでいたのは10代だけど、目的をもってばりばり噛み砕くように読んだのは、あのころだった。

 いまは、読みながら、書かれたことを、縦・横・斜めにながめたりしている。


 「もしまた20代に戻れるなら、戻りたいと思う?」と、友だちに訊かれた。
 若いぶんくらいは容姿がきれいで、恋愛は楽しいばかりで、未来は当然のように用意されているものだったけど、あのころの中身の頭になるなら、戻りたくはないかなあ。
by green-field-souko | 2008-03-30 05:39 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(2)

しいたけ干し

 いただきものの、しいたけ。半分くらい、干ししいたけにするのに、竹ザルに並べてベランダへ。
 春になって、陽がさすようになって、これからいろいろ干せるのが嬉しい。
c0145183_5215263.jpg


 掃除して、部屋の空気を入れ替えて、コーヒー淹れて、本を読む。至福。
by green-field-souko | 2008-03-30 05:26 | 旅と隠遁 | Trackback | Comments(2)

炒め玉ねぎのカレー

 このあいだ、おなかペコペコで帰ってきて拝見したブログに、すっごくおいしそうなカレーがありまして。なんでも、玉ねぎを1時間も、飴色になるまで炒めるのがコツなのだそうです。骨つき手羽元を使っていらっしゃるあたりも、わたしにとってはお値段的に魅力です。

 で、ど~してもつくってみたくて、こちらのブロガーさんのカレーを、お手本にさせていただきました。
 と言いましても、オリジナルにまさるレプリカはありませんね。なにやら違ったふうになってしまったものの、45分(わたしには1時間も無理!)炒めた玉ねぎの旨味を、実感させていただきました。
c0145183_12344642.jpg


 ゴロゴロにんじんとじゃが芋。それに、鶏肉だからというわけではありませんが、たまたまストックしてあったので、ひよこ豆も仲間入りです。ごちそうさまでした。さて、お天気もいいですし、本屋さんに行ってこようかな、っと。
c0145183_1235919.jpg

by green-field-souko | 2008-03-29 12:42 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(6)

おさかなの夕べ

 外ごはんです。テキトーに注文。

 吐く息が白い夜だったので、あったかい揚げだし豆腐。
 …どんぶりに満タンくらいの量。このとき、なんかいやな予感がしました。
c0145183_659101.jpg

 お刺身の盛り合わせ、これで一人前!? 刺身じゃなくて切り身。
 新鮮でおいしいんですが。ですが、です。
c0145183_6592874.jpg

 ぶりかまの塩焼き。巨大な頭がサーブされました。ワイルドです。
c0145183_704611.jpg

 …威圧感。こわい。
c0145183_705690.jpg

 にぎり寿司。一人前10貫。すげー。
c0145183_711495.jpg

 ネタとシャリの具合は、こんなですから。
c0145183_712815.jpg

 これまでの人生で、インパクト、ナンバーワンのお寿司です。
 冷凍ものはいっさい使わないそうで。おさかな好きは、たまらないかも、です。


 はー、なんだかつかれた。
 ほお。新メニューですか。ぶどう+小豆+泥みたいな味。滋味です。
c0145183_741078.jpg

 お口直しに、チョコレートケーキをひとくち。
 まだ凍っていますよー。しかも冷蔵庫の味がする。
c0145183_74221.jpg

 なんだか、いろいろ、さえない金曜だったなあ。
 また、東莞(トンガン)へ一週間ですか。いいですねえ。未来と希望と可能性があって。
by green-field-souko | 2008-03-29 07:08 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(6)