<   2008年 05月 ( 70 )   > この月の画像一覧

雨のシェルター

雨音で、目が、さめた。
週末の朝が雨だと、ほっとする。
c0145183_6104372.jpg


雨はシェルター。雨音の中で、もうちょっとだけ、とろとろする。
by green-field-souko | 2008-05-31 06:21 | 旅と隠遁 | Trackback | Comments(6)

思えばヨレヨレ

肉のところで爪を折って、口内炎ができて、生もののせいで(?)点滴のお世話になって、
お葬式の手伝いでくたびれ果てつつ、ようやく仕事を乗りきれば、大変めずらしく偏頭痛。

問題の原因はわたしじゃないのに、誤解の電話で、ひと通り文句を言われて。
出かければ、犬のふんを避けてつまづきついでに、客先のドアに思いっきり手をはさむ。

あすは仕事の後、夕方から棟上式の手伝い。雨天決行。なんか、倒れそ。

あれえ、あごの下のリンパ腺が腫れているぞ、なんなんだ。


どうして、わたしは、ここ数日、こんなにもヨレヨレになることばかりなのだろうか。
ヨレヨレになっている閑はないのに。あの案件。どうするつもりなんだ。
どこかへ行きたいな。旅。こんな調子で、ほんとうに11月に行けるのだろうか。

台風みたいな風がビュンビュン吹いているし。やすも。甘い生姜豆乳にすくわれる思い。
by green-field-souko | 2008-05-30 20:29 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(2)

ほろにがサラダ

 おちびなズッキーニと、食用タンポポだけのサラダです。スライサーで薄く切ったズッキーニとちぎったダンディライオンをざっくりドレッシングで和えるだけ。ドレッシングは、ものすご~くシンプルに、サラダオイル・塩・酢のみにしてみました。

 ダンディライオンのほろにがと、ズッキーニ(これも苦味はあるけれど)のかすかな甘味が、う~ん、おとなの味かも。この手の味、わたしは好きですが、一般的にはどうかなあ。
c0145183_9473869.jpg

by green-field-souko | 2008-05-30 09:49 | ときどきプチ野菜料理 | Trackback | Comments(6)
 と言いましても、ズッキーニは、かーちゃんに頼んで栽培してもらっているものですけれど。ズッキーニはわずか2、3日で巨大化するので、「早く採りなさい、また、こん棒みたいになるわよ」と、気が気じゃないかーちゃんがうるさく催促するので、すこし若採りになりました。
 冷蔵庫にひと晩おいたら、付いていた花はポロッと落ちてしまいました。残念。
c0145183_925352.jpg

 でも、ダンディライオンは、わたしが春に種を蒔いたものです。食用タンポポなんて、お店のサラダに申し訳程度に入っていたのしか知りませんので、全体像を見るのも、ちゃんと(?)食べてみるのも初めてです。ちょっと、わくわくします。
 根っこが深いので、粘土質の畑だと掘るのが大変かもしれません。うちの畑は砂畑ということと、湿り気の少ない日でしたので、根を切らずに抜けました。ハーブ好きの方がよく召し上がっているタンポポコーヒーは、これの根っこなのでしょうか。すこし齧ってみると、コーヒーくらいの苦さはありました。
c0145183_9251872.jpg

by green-field-souko | 2008-05-30 09:26 | 畑でわたしは考える | Trackback | Comments(2)

しがらみ

嫌って否定するか。
いやでも飲み込んで消化するか。
どっぷり浸かって安心するか。

どれでもあって、どれでもないかも、わたしは。

葬儀の手伝いをしていて、すこし確信できた。
by green-field-souko | 2008-05-29 21:17 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(4)

ハルジョン ヒメジョン

いくつかの案件の優先順位を決められず。
c0145183_1343993.jpg

案件や時間に追いかけられるならまだマシだけど、追いかけなくちゃいけないのがわかっているのに、迷っていて、ずるずると時間だけがすぎていく。
c0145183_1344924.jpg

こんなに、わたしは、決断力がなかっただろうか。いや、気力不足かな。
by green-field-souko | 2008-05-28 13:06 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(2)

新玉葱と鯛あらの潮汁

 いままでピンと伸びていた葉がくったりと倒れたのを目印に、玉葱がそろそろ収穫時期を迎えています。5、6個だけ、畑からもらってきました。
c0145183_8382378.jpg

 料理上手の友だちから教えてもらった、「新玉葱と鯛あらの潮汁」をつくってみました。手間は少々かかりますが、ひとりあたりの材料費はさほどでもありません。
c0145183_8383483.jpg

 鯛のあらは塩をして、熱湯でうろこなどをとっておきます。新玉葱は薄切りをたっぷりと用意します。昆布だしで鯛のあらをコトコト煮て、いい味が出たら新玉葱を投入。火が通ったら、酒と塩で味をととのえます。仕上げに生姜のしぼり汁を落としても。

 鯛の旨味と新玉葱のやさしい甘味は、いま時季だけの味わいだろうと思います。
by green-field-souko | 2008-05-28 08:30 | ときどきプチ野菜料理 | Trackback | Comments(2)

ハーブ類もぼちぼち

気温があがってきたら、ハーブ類が、がぜん元気を出してきました。

コリアンダー or パクチー or 香菜。
冷たい麺でも熱いスープでも、辛酸っぱいお料理に入れるのが好き。
c0145183_6124610.jpg

香菜にちょっと似ているけれど、これはイタリアンパセリ。
ふつうのパセリより香りがやわらかいので、野菜感覚でどばっと使えるのが嬉しい。
フィレンツェのお惣菜屋さんでは、茎ごとザクザク刻まれてサラダに入っていました。
c0145183_613752.jpg

スイートバジルも、ようやく大きくなってきました。でも、収穫には、まだまだ。
c0145183_6132033.jpg

ダンディライオン。食用タンポポ。見た目よりもやわらかな葉っぱです。
ちぎって口に含むとかなり、ほろ苦。これはサラダのアクセントってところかなあ。
c0145183_6133736.jpg

by green-field-souko | 2008-05-28 06:16 | 畑でわたしは考える | Trackback | Comments(4)

伯母、逝く。

 きのう死んじゃって、お通夜はあすだけれど、そのまえに逢いに行ってきた。

 もう逢えないのは淋しいけれど、闘病の苦痛を、まのあたりにすると、もっと生きていてほしいなんてとても思えない。交代で24時間、付き添っていた家族は、もっとずっと、そうなのだろう。

 とりあえずよかったね、と口の中で言いながら、掌を合わせた。
by green-field-souko | 2008-05-27 14:11 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(6)

いちご

 いまどき、いちごなんて一年中、手に入りますし、いちごのイメージは春だと思いますけれど、うちのあたりの露地栽培だと、初夏であるこれからが、ようやく摘み採れる時季です。スーパーでは、さくらんぼや西瓜が並ぶ季節なのに、です。

 かーちゃんの畑のいちご。
c0145183_13461028.jpg

 これが、まあ、売っているいちごと較べると、かなり酸っぱい。でも、ちゃんと、適正な甘味もあります。甘いだけではない、いちごです。そこがいい。なんでもかんでも、果実は甘けりゃいい、という流れには、心の中でさからっています。酸味を楽しめない果実なんて。
by green-field-souko | 2008-05-26 13:48 | 畑でわたしは考える | Trackback | Comments(6)