ずっと生き難かった。ため息と深呼吸の備忘録。


by 草子
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

このごろの日々


c0145183_004899.jpg

いくらなんでも...
と赤面しちゃうくらいのお世辞を言われたとき、
どんなふうに反したらよいのだろうか。

c0145183_23573988.jpg

あの日、「怒っていいよ」と言ってくれたひとは、
べつに味方なんかじゃなかった。

c0145183_235839.jpg

突然、ふっと、興味が薄れることって、ある。

c0145183_23583785.jpg

やりたくなかったら、やらないでいい。
と言った続きで、
その結果があなたの評価だ、と付け足したかった本当は。

c0145183_23585495.jpg

吹き寄せられたゴミか。わたしも。

c0145183_23593462.jpg

ランチタイムは、ひとりがいい。

c0145183_23595936.jpg

今夜は、はやく眠る。朝からそれを楽しみに。

c0145183_001997.jpg

コーヒー、煙草、コーヒー、煙草、煙草、煙草。

c0145183_051378.jpg

メールの返事、すごい時間ばかりですね、
と気づかれてしまった。

c0145183_011215.jpg

到底、信用できない。
どうせなら、なにも言わなきゃいいのに。

by green-field-souko | 2011-10-26 23:57 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(12)

折れること。頼ること。


ひたすら懸命にやった先に、限界があった。

見かねて動いてくれたひとに
お礼を伝えたら、
なんなりと申しつけください、という返事。

よかったのか。頼んで。
c0145183_22733100.jpg



あてにしたらいけない、と思っていた。

あてにしていなかったら、手が差し伸べられた。

手に入るのが当然という考えで求めているうちは
手に入らないってとこ、恋愛と同じだね。

by green-field-souko | 2011-10-23 22:09 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(8)

きたーーーッ!



平面図。
急いでくださって、ありがとうございます。
助けてもらったことに、きっと報います。
c0145183_1042122.jpg


どうして、自分がわるい、と考えてきてしまったのか。
仕事に対する姿勢が違いすぎただけなのに。
遠慮する必要もなかった。

ようやく割り切れたので、
観るべきものを、自分の視点で観ていきます。

by green-field-souko | 2011-10-20 10:06 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(8)

青い檸檬とかぼす



おとといは満月
c0145183_8482397.jpg

月の下に宵の明星
c0145183_8484070.jpg



月が好きなので
こんなことだけでも楽しい夜なのに

人生の大先輩が
庭からもいでくださった
青い檸檬とかぼすが届けられる
c0145183_8485644.jpg

どうやっていただこうか
贅沢で楽しすぎてシアワセ





 
by green-field-souko | 2011-10-15 08:50 | 旅と隠遁 | Trackback | Comments(18)

今夜のごはん


いよいよ、おしまいの秋茄子。
ニンニク、塩、オリーブオイルで
じっくり、じっくり焼く。
c0145183_381059.jpg



雨が降って寒いので、熱々のシチュー。
じゃが芋、玉ねぎ、にんじん、鶏肉をコトコト。
c0145183_383229.jpg

ホテルのホワイトソースみたいだとほめられて、
その気になって、
シチューの素はもう買わないことにする
と言ってみたものの、
ホテルのホワイトソースなんて食べたことない。


いいかげんに全粒粉の生地を丸め、
ガスレンジのグリルで焼いてみたところ、
縄文人のパンみたい、と言われる。

今夜のイチオシ。
c0145183_39074.jpg

by green-field-souko | 2011-10-14 22:13 | ときどきプチ野菜料理 | Trackback | Comments(7)

ひとりで決めて、好きにやってきた。
それは、半分は正しくて、半分は誤りだったのだろう。



忠告をもらう。
じつの親くらいには甘えなさい、本音を出しなさい。
あなたを淋しくしているのはあなた自身だ。

そういうものかな。よくわからない。
頼りなさい、と言ってくれるひとは、いなかったし、
頼れそうな対象も見つけられなかっただけなのだと思う。

c0145183_3121518.jpg



なんでもいいけど、みんなには、幸福でいてほしい。

by green-field-souko | 2011-10-10 03:13 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(16)

師匠が失念された、あの一件。

師匠がいっしょに苗を買って分けたらしい
ご近所さんに聞いたところ、

↓この、サツマイモの種類は、、、
c0145183_1344615.jpg


種類は?
by green-field-souko | 2011-10-09 13:19 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(6)

あるのは自分の頭の中にだけ。
だから、
頭の中をすばらしくしてくれるツールを、さがすだけ。
c0145183_21342426.jpg





ありがとう。
自分のことを壊れているなんて言うひとは、
じつは、とっても、まともだったりする。

by green-field-souko | 2011-10-08 21:40 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(2)

だれのせいでもない


だれのせいでもないというのではなく、
だれのせいにもしたくなかった、のかもしれない。

原因はそれぞれにあった。
だけど、わたしだけが、闇に堕ちた。
暗黒トンネルの中に、閉じ込められてしまった。

赦さなくてはいけない、と考えたりするうちは
赦せてなんていないのだろう。ほんとうは。
c0145183_20345828.jpg

by green-field-souko | 2011-10-08 20:36 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(2)

不機嫌なひとびと


ごく簡単な仕事の指示をすると、
ひとりは、これ以上ないほど厭そうな声を出す。
ひとりは、感情的に、はむかってくる。
そして、あとで謝ったり、赤面するようなゴマスリを言ってきたりする。

できるかぎりの知恵をしぼって、怠ける工夫をする二人。
おおよそ、到達点に向かって主体的に仕事を進める、なんて
ごく常識的なことが通用しない。

だめなら静かに切り捨てられる業界で、長年やってきたわたしは、
こんなひとたちを、どこまで見捨てないでやればよいのか
毎日、毎日、毎日、毎日、毎日、わからない。

そのひとに話してみたら、こともなげに、そのひとは言った。
「ふつうの会社なら即刻クビ」
「いくらなんでも幼稚すぎ」



世の中には、さまざまなひとがいる。
もうちょっとの間、するすると、うやむやと、やりすごそう。
そうすれば、二度と会わなくて済むことを、今の楽しみにしよう。

もはや、どうでもよい気が、しないでもない。

by green-field-souko | 2011-10-08 18:58 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(4)