ずっと生き難かった。ため息と深呼吸の備忘録。


by 草子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

猫のめざまし時計



猫が前足で、頬にさわる。
肉球が、ぺた、とふれる。

おきられない。

しばらくすると、また、
猫が前足で、ぺたぺた、と
さわってくる。

このごろ、猫は
猫なりに気をつかっているらしく、
爪を出さないでくれる。

けど、おきないでいると、
手の甲を噛んでくる。かなり痛い。
爪を収めることを憶えても、
歯のほうは、まだまだ。


薄眼を開けると、
猫が、こちらを覗きこんでいた。
c0145183_2232835.jpg



朝ごはん
猫:茹でた鶏肉とレバー
人間:はちみつをかけたホットケーキ
c0145183_2234890.jpg

by green-field-souko | 2011-12-30 22:06 | 旅と隠遁 | Trackback | Comments(26)

冬の花火



まるで憑きものがとれた顔だね。
そのひとが言う。

可笑しくなった。
あれは憑きものだったのか。
ああ、たしかに、妖怪が二匹つるんで。
わたし笑う。
c0145183_21331150.jpg


妖怪か。どんな。

すごいやつ。




でも、

狂犬みたいなおばさんや
陰険なじいさんなんかじゃなくて、
技術さんの言葉を、わたしは思い出していた。
c0145183_21333957.jpg


次もまた、あなたと
いっしょに仕事をしたい。

最上級の誉め言葉。わたしには。





c0145183_21371128.jpg

冬の花火が、小さくあがる。
2011年が終わろうとしている。

by green-field-souko | 2011-12-30 21:34 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(4)

濃厚ブロッコリー



家庭菜園としては広すぎるけれど、
さりとて、商業的な畑にするには足りない。

はやりのミニ耕運機くらいじゃ追いつかなくて、
とはいえ、
あたらしい農機具を買える余裕なんて、ない。

昭和40年代の耕運機を、
ぎりぎりくらいで昭和2ケタの夫婦が
だましだまし働かせていてくれるから、
先祖代々からのうちの畑はなんとか荒れないでいる。

経費をかけない(かけられない)ので、
化学肥料や殺虫剤なんてまかない(まけない)。
かわり、自家製の鶏糞肥料をこしらえては、せっせとまく。

こんな時代おくれの畑なんて、
両親がもっと齢とって、やれなくなったら、おしまいだ。

いままで、あたりまえのように採って食べてきた
味の濃い野菜も、食べられなくなっちゃうかなあ。

いまなら、頼めば、
やり方の手ほどきをしてもらえるだろうけど、
畑なんかやってたんじゃ、こちらの暮らしが成り立たない。
c0145183_9453366.jpg

よい土で、味の濃いうまい野菜なんだがなあ。
成り立たないことばかりだなあ。



ぼんやり考えながら、ブロッコリーを茹でていたら、
いっしょに茹だった青虫が、ぷかりと鍋に浮いた。

by green-field-souko | 2011-12-19 09:47 | 畑でわたしは考える | Trackback | Comments(14)

あたたかな雪が



いやな雪だと思っていたのに、
同時性に
なんだか嬉しくて笑いそう。
c0145183_1922315.jpg

と言ってくれたひとに、
あの日の、ゆきのまちが思い出された。
c0145183_19221968.jpg

つながりなんて
面倒なだけだと思ってきたはずなのに、
ほんのわずかの
つながりに、生かされている。
c0145183_19222830.jpg

青森は今日も、
吹雪いているだろうか。

by green-field-souko | 2011-12-18 19:25 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(14)

あすは外へ出ようか



おもしろかったなあ。
しらべものの仕事は、まだしばらく続くけど、

そろそろ本業に戻らないと。

戻る準備。
c0145183_21321355.jpg



また会うひとは、会いたいひと。
もう会わないひとは、会いたくないひと。

by green-field-souko | 2011-12-17 21:32 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(8)

大学芋りんご



さつま芋を、もらってしまった。
いも類は好きじゃないのに、もらって、しまった。
あの、ぽくぽく感がね... まとわりつき感がね...





しょうがないなあ。
大学芋でも、つくるか、蜜すくなめの。(←しかも辛党)

りんごもついでに仲間入り。
さっぱりした甘酸っぱさで、ごまかしてみる。
週末のブランチ。
c0145183_8521538.jpg

by green-field-souko | 2011-12-17 08:53 | ときどきプチ野菜料理 | Trackback | Comments(4)

展示会のこと



昨日の土曜、初日に雪が降る。
c0145183_2233663.jpg


はじめて手がけさせてもらった展示会。
c0145183_22333549.jpg

こだわりたかったのは、
ほかにはちょっとない企画コンセプトと、
美しいゾーニングと導線、
静寂感のあるライティング。
そして、できれば品格を。


モータリゼーションに押しやられ、
なくなってしまった鉄道。
c0145183_22335387.jpg


大東亜戦争に出兵するひとが、
この列車で出て行ったという記録と記憶。
c0145183_22365017.jpg


ここは豪雪地。
お医者さんは、そりで往診してくれた。
c0145183_2237284.jpg


農と生活。
連綿とつながる春夏秋冬のめぐり。
昔のひとの息づかい。
c0145183_22374097.jpg


お米だけで生活できない山間では、
養蚕と機が盛んに行われた。
炭焼きも。
だけど、体験談を聞くには遅すぎた。
20年前の調査なら聞けたかもしれない。
c0145183_2239232.jpg


雰囲気づくりを兼ねる休憩スペース。
みかんをこたつに置けばよかったな。
c0145183_22392083.jpg






だれにもほめられない。
とってもおじいちゃんな前社長だけ、
「よかった、よかった」と喜んでくれた。

つまり、
ほめられるレベルになんて、ないのだな。
疲労といっしょに帰宅。
いまはわずかの気力すら残っていない。
c0145183_233951100.jpg

ひとに会うのがつらい今のコンディションなので、
打ち上げ忘年会、欠席願いをメールする。
裏方だし、居なくたって気にされもしないだろうし、
それくらいで丁度いい。


コンセプトなどを読み取っていただけると嬉しいですw
by green-field-souko | 2011-12-11 23:01 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(24)

仕事はとても、おもしろかった。
(まだ終わっていないけど)

あと3回。
二度と会うことはないのだろうな。

悲喜こもごも。

ポジティブに考えれば、

ばんざい!


まずそうに撮れてしまったけど、
ひさびさにUPの現場弁当。
c0145183_5405748.jpg



にゃごはシンクが好き。
狙っているのは、炒り玉子か。
c0145183_541995.jpg

by green-field-souko | 2011-12-08 05:42 | のらべん | Trackback | Comments(9)

にゃごの野生

ほしがって、ほしがって、ほしがるので、
どうしたものかと思いながら、
鯖の中骨をあげてみたら、

部屋の隅の暗がりまでひっぱっていき、
さほどの時間をかけずに
バリバリと噛み砕き、簡単にたいらげてしまった。

子猫用のキャットフードなんてくそくらえ、
というふうの、生々しい音をたてて。
c0145183_1961519.jpg



にゃごの野生。

わたしは野生を飼っている。

野生は手ごわい。
惚れ惚れするくらい、気を張らせ、容赦ない。

by green-field-souko | 2011-12-07 19:08 | 旅と隠遁 | Trackback | Comments(4)

ほんとうは だいきらい


そのひとは言った。
「考えすぎるな」
「気にしすぎるな」
と、
そのひとから見たら
考えすぎて、気にしすぎる、わたしに。
c0145183_218436.jpg



長い長いトンネルから、ようやく出られて、
もう大丈夫な気がしていたのに、
それなら、わたしは、
どこで生きればよいのだろう。
c0145183_21124668.jpg

そのひとの言うことはわかるけど、
ずるくてきたなくてあさましいひとたちは、
どうしても、いや。

by green-field-souko | 2011-12-04 21:16 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(12)