ずっと生き難かった。ため息と深呼吸の備忘録。


by 草子
カレンダー

<   2012年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧



菜の花畑

葬列が歩いたというあたり
迷路の入口にいたら

まるで
おもいっきりな生きものが
一列になってやってきて

叫んだり
笑ったり
手をふったりしながら
ちまちまと歩いて去ってしまった
c0145183_1753512.jpg


やわやわとやわらかな
夢のさなぎ

可愛らしくてくたびれる
太陽電池で動いているような
生きものだった

by green-field-souko | 2012-05-27 17:43 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(14)

遅れながらも



今年は雪どけが遅かった。
染井吉野もなかなか咲かず、
桜を種まきの目安にしている野菜畑も遅れ気味。


じゃが芋の畝。
c0145183_13333100.jpg

「きたあかり」をメインに、赤い皮の、長いのが植わっている。
今年は、人気の「インカのめざめ」の種芋をなんとか手に入れた。
昨年の不作の影響で、種芋があまり出まわらなかったらしい。

植えた中ではいちばん弱く、量も採れない「インカのめざめ」が
いちばんに咲いてくれた。
濃い紫色で、ちいさな花。
c0145183_1334922.jpg

トマトは5種類の苗を植えた。
うちのビニールハウスでおこした、2種類の苗も植えた。
苗を売っていないものは自分でおこす。
トマトの花は、黄色い星みたい。
c0145183_134221.jpg

採種用に残した長ねぎ。
葱坊主が開きはじめた。
c0145183_1341245.jpg


例年より、ひと月くらいも畑の季節は遅れているけど、
自然のことは仕方ない。
せめてこれから、陽と雨を、たっぷり恵んでもらえますように。

by green-field-souko | 2012-05-26 15:37 | 畑でわたしは考える | Trackback | Comments(8)

もんごろ煮




ド田舎の昼餉、きょうは、甘辛く煮つけた小イカ。
畑仕事の身支度をとる余裕もろくにないまま、昨晩の残りものを並べる。

とーちゃんが言う。
「みんなして、これを肴に呑んだなあ」
「青年団の総会が今ごろにあってなあ」
「そうすると、婦人会の女のひとが、つくってくれたもんだ」

青年団も、婦人会も、地域で維持できずに消えた。

「もんごろ煮、っていうんだ」

もんごろは、このあたりの方言で、もぐらのこと。
一度ひきぬいた足を胴に詰められて、ころっと煮あがったイカは、
なるほど、もぐらのふくらんだ背中のようだし、
醤油の茶色は、つやつや光るビロードみたいな毛皮を連想させる。
c0145183_1121224.jpg

「もんごろ煮を、おまえは知らないだろ」
とーちゃんは楽しそうに言うので、うん知らなかった、と返事してあげる。

それから、青年団でいっしょだった、死んでしまった同級生なんかの話になる。
とーちゃんの記憶には、わたしも知っていた近所のおじさんもいれば、
屋号を聞いたことはあっても、どこの家かも知らない家のおじさんもいた。



このあたりでは、近海でイカがよく捕れて安い。
春から夏はイカもまだ小さくやわらかいため、煮つけにも、よくする。
そんなイカなど、ぶつ切りにして煮たってよいものを、
もんごろ煮は
わざわざ胴に足をおさめ、姿よく煮る丁寧さが、ご馳走だったのかもしれない。


だれだって思い出話くらいするけど、
自分の知らない昔を、親から聞かされるのは、なんとなしに淋しい。
とーちゃんの思い出話は、遠く、遠く、遥かで楽しかった夢のように霞んでいて、
そのおぼろげな頼りなさへ、後ろ姿で消えてしまいそうな淋しさ。





食卓には、それから、
蕗の煮物に、きゅうりの辛子漬け。

c0145183_11213928.jpg

by green-field-souko | 2012-05-25 12:34 | そうるふうど | Trackback | Comments(10)


相手に合わせて、自分の扉の開け具合を変えること。
それから、ぶれない、負けない。

攻撃は最大の防御というけれど、
より完璧な防御こそが、より完璧に勝つための攻撃ファクター。



c0145183_11341421.jpg

by green-field-souko | 2012-05-24 22:35 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(8)

日食の朝


すこし薄暗く夜が明けて、
金環には見えないエリアだけど、空を見あげる。
太陽の右端が欠けているように思える。
c0145183_9101463.jpg


そわそわしながら、窓辺から離れない猫。

陽射しが濃く戻ったら、
網戸でおおきく伸びをして、ソファに移り眠ってしまった。

c0145183_911220.jpg




TVは日蝕の話題の垂れ流しばかり。
ほかにニュースはないのだろうか。

by green-field-souko | 2012-05-21 09:13 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(12)

野良仕事ひとやすみ



ほんの一株を畑に放したら、
3年目には、かなりの茂みになってしまったミント。
たくさん摘んでも、だいじょうぶ。
好きなだけ摘める。
c0145183_721141.jpg


汗だらだら。
こういうときは熱いお茶だね。

フレッシュミントをポットにぎゅうぎゅう詰めて、
熱湯を注いで、しばらく蒸らす。
c0145183_721184.jpg


ふうふう、すする。
すうっと涼しい香り。
熱さが喉を落ちて、汗がひく。

はやくから冷たいものを飲むと夏を越せない。
現場があるし。エアコンうちにないし。
無事に夏をすごせますように。

c0145183_7213470.jpg

by green-field-souko | 2012-05-19 16:07 | 畑でわたしは考える | Trackback | Comments(8)

先週末あたりのこと



青息吐息のギョーカイなので事情も理解はしているのだけど、
昨年夏からのギャラを、払ってもらえるよう交渉。気が重い一日。

入札関係のごたごた。
きれいごとばかりも言っていられないし、
言わなければならないと判断したことは、よく思われなくても言う。
でも言い過ぎたかもな空気。

ドキドキしたけど、かまうものか、と自分を励ます。

そのひとに言われ続けているのは、
草子に足りないのは自信、という後押し言葉。
さんざん押されているのだから、そろそろ報いたくなってきた。



今のケータイが7月で使えなくなるので、重い腰をあげてスマートフォンに。
散財したけど、やっぱ便利だわ。
アプリ入れてカスタマイズしていく楽しさ。
現場が始まるまでに、車から充電できるパーツを買わないと。



完全週末型クローズドモールの一角で、
レタス、地魚、岩塩、夏蜜柑、テーブルワインを買う。
まあ、ブランディングの様子見とか、買い物半分の仕事半分。



資料の整理も。こういう作業は永遠。逃れられない。

それから、にゃごと遊ぶ。
「にゃごたん、ちゅッ」と言って顔を近づけるとキスをする芸。



2時間半の打ち合わせ。
今年はもっと、うまくやる。照準は、自分。

by green-field-souko | 2012-05-18 11:35 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(10)

筍と蕗




筍の穂先は白く煮含め、
根元はしっかり味のおかか煮。
みどりの蕗は色よく。

親戚からの
筍のいただきもの、第2弾。


c0145183_9495856.jpg

by green-field-souko | 2012-05-09 20:45 | ときどきプチ野菜料理 | Trackback | Comments(13)

けっこうやるじゃん!



今時季の畑は、苗を植えつけと種まきが、集中する。
畝をたて、肥料を施し、せっせと畑を整える。

今日やった仕事。
サツマイモの苗を植える 80本
里芋の種芋を植える 100個
もらったヤーコンの苗を植える 20本
かぶ、夏大根の種を蒔く 2畝

トマトの苗を植える 18本
ジャガイモの芽かき 35株×8畝
トウモロコシ、西瓜、食用菊の畝をこしらえる


ふたりでやった一日の作業量にしては、まあ、上々かな。
あがりしな(帰り際)に長ねぎを抜く。
肌寒いから、今夜は、ねぎ雑炊にしよう。

c0145183_13183167.jpg

by green-field-souko | 2012-05-08 19:20 | 畑でわたしは考える | Trackback | Comments(6)

あがりの道草



このあたりでは、野良仕事に出て帰宅することを
ただ「帰る」とは言わず、「あがる」という言い方をする。
田畑からべつの空間へ移る、きっぱりとした線引きが「あがる」なのだろうか。

お昼ごはんを食べに一旦家へ引き上げることを「昼あがり」、
合間の休憩として
家まで帰らず畑で一服するのを「3時あがり」、なんて言う。

一日の野良仕事を終えて、
夕暮れのなか、蛙の声などを聞きながら帰り支度をするときなど、
くたびれてはいても、気持ちがなにかに充たされる。

気分がいい。
たぶん、わたしは今、晴れ晴れとした顔をしているのではないか
と思えるのが、またいっそう、楽しいのだ。



その気分のよさの延長で、
帰りがけに、畑のそのへんから、あるものをささっと摘む。
c0145183_12492914.jpg

そして、みちみち、お夕飯の献立を考える。
手早くできる野菜料理。
うん。ニラのかきたま汁と、焼きアスパラガスにしよう。

c0145183_12494767.jpg

by green-field-souko | 2012-05-07 18:20 | 畑でわたしは考える | Trackback | Comments(4)