ずっと生き難かった。ため息と深呼吸の備忘録。


by 草子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2013年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

火曜からのこと




アレルギーなのか、風邪なのか、
火曜の夜を境にひどい咳が続いている。

咳が出ると、喉の奥がひりひり痛くて、その乾いた痛さがまた咳を呼ぶ。
咳止めを舐めすぎたら、気持ちわるくなって吐くし。
だったら病院へ行けよって話だけど、なんとなく行かないでいる。

数年前の咳が思い出される。
あのたぐい とか だとするなら、病院なんかへ行ったって仕方ないので。



そんなことよりも、記録に出かけなくちゃ。
あんころ餅の。
やろうと思ったら永遠な仕事に、溺れてしまいそうだけど。

by green-field-souko | 2013-04-29 08:58 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(17)

たくさんあるのに



書きたいこと、撮ってるもの、
たくさんあるのにブログに出すのが追いつかない。




このあいだ、あるサイトを見ていたら、深刻ではないにしろ、
ある傾向に分類された脳の属性に、わたしは該当するらしいことが読み取れた。
対人関係や生き難さなどについて、
できること、できないこと、やりたくないことの凸凹について、
今まで疑ってきた自分が、とても自然に合致していたので驚いた。

でも、べつに、ショックではない。

やっぱりそうだったのかと腑に落ちただけ。




書きたいこと、撮ってるもの、
たくさんあるのにブログに出すのが追いつかない。

のは、

時間の有無というよりも、いろいろ傷んでいるからだろうと思う。

by green-field-souko | 2013-04-29 08:21 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(2)

今日のこと

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by green-field-souko | 2013-04-21 20:51 | 日々の照り降り


そのひとの言ったことを、ぼんやり、思い出していた。
c0145183_9271297.jpg



持っている点をつなぎなさい。
そうすれば、あたらしい領域ができる。
こんなものなんかと、あなたは思っているかもしれないけど、
価値を決めるのは、あなた以外のひとだから。


この数年、やみくもにつくってきた幾つもの点は、
なにかになるだろうか。



頭上の雲が晴れていくイメージ。
明るさについての根拠はないけど。


春の潟は、ぼんやり。
by green-field-souko | 2013-04-20 09:28 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(8)

今年もぼちぼち畑



春になって、畑でいちばんに動き出したのはミント。
c0145183_710693.jpg

同じくらいでニラも、やわやわの葉を伸ばしてきた。
c0145183_7102512.jpg


うちの畑は、とくに丁稚(わたし)担当のスペースは、
師匠(かーちゃん)言うところの、〝へんなもの〟ばかり植えるので、
こぼれ種から、翌春、妙な葉っぱが出てくるらしい。

たしかに。
そして、こぼれ種から生えてきた野菜や、畑に植えきれず余った苗を、
廃棄するのがどうにもつらく感じるのだ、わたしは。


畑を片づける傍らに、イヌフグリの可愛らしい青い花。
c0145183_7104559.jpg

鍬で打って土に鋤きこむことがしのびなく、ひと叢を残してしまった。
c0145183_711693.jpg




商売にするには足りず、趣味の菜園にするには手に余る。
先祖代々の無言の申し送りみたいにしてやってきた、今となっては仕方のない畑を、
さて、今年もコツコツ耕すとするか。

by green-field-souko | 2013-04-19 23:50 | 畑でわたしは考える | Trackback | Comments(8)

non title




夏までの隙間に、講座ひとつ、申し込む。

c0145183_17235435.jpg

by green-field-souko | 2013-04-18 17:24 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(2)

おたまの梅花考



春休みのおたま(姪)と歩いていたら、
どこからか、咲いた花の甘ずっぱい香りがしたので
ゆっくりとあたりを見まわしてみると、
よその庭に、梅の樹が一本、ひっそりとたたずんでいた。

「ただよってくるんじゃなくて、
もやっと溜まっているような匂いだね」と、おたま白梅をうっとり嗅ぐ。

いいこと言うなあ、と思いながら黙って聞いていると、

「咲かないでいる時は、梅なんかがあるのも知らなかったよ」
などと大人びた言葉を続けるので、

咲いた時だけふっと浮かぶみたいな、その現われ方がいいよね。
と言ってみたら、

「あら、こんなところに、って感じがいいね」と、うなづく。
おたま、小学6年生の春。


c0145183_14133591.jpg

by green-field-souko | 2013-04-18 14:15 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(4)

ごめんなさい!



おいでいただき、ありがとうございます。

コメントをいただきまして、ありがとうございます。

お返事が遅れていて、ごめんなさい。
遅くなりはしても必ず、お返事いたします。
ので、もうちょっと、お待ちくださいませ。

ほんっとに、ごめんなさい。

もうちょっと。


草子
by green-field-souko | 2013-04-04 08:48 | Trackback