ずっと生き難かった。ため息と深呼吸の備忘録。


by 草子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ホコリ




みずみずしさを喪ったホコリを、
つめたい水に浸してあげる。
c0145183_11132472.jpg


炎天下のツチボコリが洗われて、
乾き傷んだホコリは、
ふう、と息をつきながら生気をとりもどす。
c0145183_11133784.jpg


静かな場所。
おいしい水。
ふりだしに戻ろうとも、
ホコリを枯れさせずに済んだ。
c0145183_1114766.jpg


ホコリは、誇り。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2014-05-29 11:15 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(12)

畑の時計が動き出す



畑からのまびき菜、第一陣の、葉っぱサラダ。

木のボウルを仕舞い、硝子のボウルにチェンジ。
このところの気候からすると、
すこし早い気がしないでもないが、器もそろそろ衣替え。



昨年秋から生きのびていた野良サニーレタス
ちびホウレンソウ
ちびルッコラ
脇芽が結球してしまったレタス
c0145183_16411964.jpg

ごま油(くせのない透明のほう)を、たら~りたらしたら、
ひとつまみの塩、ちょっぴりの千鳥酢を加え、
全体にまとわせるように、さっくり混ぜる。

サラダのなかでは、こういう雑草みたいなサラダが、いちばん好き。
うちの畑は露地栽培なので、
どうしても、かたく、濃く、雑草的に育ってしまうだけなのだけれど。

ルッコラの香りで、端境期が終わる。
そうして、畑の時計が動き出す。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2014-05-28 16:42 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(8)

筍のある食卓




茹でて白だしに浸すと、筍は、冷蔵庫で何日かもつ。
途中で火を入れれば、さらに安心。

その筍を、はじめはそのまま食べて、
飽きてきたら、さまざまに、使いまわして楽しむ。

と言っても、たいそうな料理をこしらえられるはずもなく、
そこは、ささやかに、ちんまりと。


鯛の頭と炊いて。
c0145183_19204031.jpg

よく行くスーパーの鮮魚コーナーでは近ごろ、
魚のアラが丁寧に下ごしらえされている。
とくに鯛の頭は、目玉を中心に四角く切ってあったりして、
かたいのに巧く切ってくれているひとは、
日本料理の経験をお持ちなのだろうか、などと想像するが当たっているだろうか。
わたしは鯛の頭を巧く割ることができないので、
店内備えつけの投書箱に、そのうち、感謝のメモを投函したい。

翌日は、中骨。
身がたくさんついている。
頭は肴系だけど、中骨はおかず系。わたしのなかでは。
c0145183_19211493.jpg



よく行くスーパーの、豚肉の切り落とし。安かった。
ぺらっぺらに薄い肉は、でも、筍に巻きつけるのに具合がよい。
巻いたら片栗粉を薄く振って、すこしのバターで焼く。
筍に下味がついているので、お弁当にもよかった。
c0145183_19212761.jpg


筍の穂先のやわらかところで、筍ごはん。
浸した白だしで炊くから簡単。
c0145183_19214278.jpg

姫皮とか穂先は、なんとなく贅沢な気がして、
あとで食べようと思いながら、とっておきすぎて、だめにすることがある。
おいしいものは後に残すタイプなのかもしれない。

そして、とっておきすぎて、だめにしてしまった諸々は、
どうも、ほかに幾つかあった気が、しないでもない。
タイミングは大事だな。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2014-05-27 19:24 | ときどきプチ野菜料理 | Trackback | Comments(4)

ほしいのは熱と水




5月も終わろうとしているのに、いつまでも山に雪が残っている。
暑い日があっても、安定して高温が続かない。
そして、雨が足りない。

こういう年は、夏が寒くなる。


雨が降ってくれないものだから、梅の実が太れない。
根を張れないらしいトマトや茄子の幹は細く、
サラダ菜やハーブ類も双葉のまま、育たない。
c0145183_16453668.jpg

ジョウロで水を遣ったって、所詮、雨にはかなわない。



「今年は、(収穫の始まりまで)半月ほど遅くなりそうだねえ」
師匠、言う。
c0145183_16455522.jpg

夏が来る前に、大きくなってもらわないと、困るなあ。
カミサマ。
畑の野菜たちに、どうか、実をつけられるだけの基礎体力を。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2014-05-25 16:46 | 畑でわたしは考える | Trackback | Comments(10)

筍の匂い




筍をもらってしまった。

今、茹でているところ。おおぶりの寸胴鍋で。

今年、何度目の筍だろう。孟宗竹のやぶを敷地内に持つうちが、
このあたりでは在るので、時季には、ありがたいことに到来物が重なるのである。

うちにも、竹藪があったことを思い出す。
筍も採れていたが、ある年に花が咲いて、みんな枯れてしまった。
60年に一度、竹は花を咲かせて枯れるというが、
まさに、その通りだった。

竹の花は、稲の花に似ていた。
60年に一度のことなら、人生100年足らずとすれば、
二度と見られないのだろうと思いながら、花の盛りの竹を眺めた。



地震のときは竹藪に逃げ込めと教わった。
竹は地表に根を張り巡らせるので、地割れから逃れられるからと。
実際、ぐらぐら揺れるなか、抱きかかえられるように竹藪へ逃げた記憶がある。
食用鯉の泥の養殖池も、
朱い金魚が泳ぐ葉蘭に囲まれた小さな池も、
その時に地割れに遭い、水が抜けてみんな死んでしまった。

そんな光景を目の当たりにしたせいか、
竹藪には死が潜んでいる気が、今もする。

あの日、竹の花は、気狂いのようにシベをあからさまに広げて、咲いていた。



筍が茹っていく。
茹でる前に剥いた皮の青い匂いは、たぎる湯の中でかき消えた。

生が死になるのか。死は生であるのか。

花咲く竹藪の、葉擦れの音は消しようもない。

さわさわ、ざわざわ、さらさら、
花咲く竹藪は、ほの暗く、そこには希望もないかわり絶望もない。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2014-05-19 21:18 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(8)

月と星の啓示




15日、月は満ちて蠍座へ。
積み重ねてきたことがここで充ちる。

c0145183_1252798.jpg


17日、一次資料・二次資料の定義分類の解釈。

18日、日本海海運時代。
断片的だった情報がつながる。
頭のなかの風景が変わる。往時が動き出す。

くしくも「国際博物館の日」に。

c0145183_12522921.jpg


20日、騒がしい火星は逆行から順行へと転じ、
29日の新月が示すものは完結とスタート。



こんなにさえない状況なのに?
苦笑いする半面、
長い停滞を抜け出せるなら、と。
c0145183_12524455.jpg

呑気にやれば。猫が言う。
大丈夫だから全然。そのひとが言う。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2014-05-19 12:56 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(6)

去る者は追う。



4月30日から、わずか2日でしかないのに、
肉体的にハードなせいか、ずいぶん働いた気がします。

平坦な働き方でも、たぶんOKなのだろうと思いますが、
せっかくなので、できるだけのことを
習得しようという気持ちに、今は、なっています。

からだ壊したら辞めるけど。笑






わずか2日しか経っていないのに早くも女子カテから浮きはじめ、
いつものことながら、ちょっとシュンとして淋しいのだけれど、
めざす到達点がありそうなので、あんまり淋しくない気もする。

興味の穴を掘ろう。
いくつも掘れば、穴と穴がつながるかもしれない。
その言葉に、勇気づけられた。



昨年、民俗現場のJ課長が、みんなを笑わせようとして言った。
「おれはな、しつこいんだからな。
来る者は拒まず、去る者は追うんだ。
ふられても追いかけるんだからな。気をつけろよ」

やめてくださいよーとか言って、みんなで笑ったのだけれど、
ひとりの女子が呆然とした顔で言った。
「去る者は追う? 追うんですか?」
「それって…それって…本望ですッ!!」

ある意味、たしかに。
ストーカーは困るけど。


去る者は追う。
民俗くんにふられても、やっぱり、追いかけたい。
勉強しながら追いかけるのだ。
このつぎ逢ってもスルーされない自分になりたい、という切望感。

というわけで、フィールドワークに出かけてきます。笑


ゆっくり落ちついてコメントのお返事をしたいので、
すみません、すこしお待ちください^^



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村

J課長の告白
by green-field-souko | 2014-05-02 09:32 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(10)