ずっと生き難かった。ため息と深呼吸の備忘録。


by 草子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

途中ですが



文書調査、3日目。
(ぶんしょ、ではなく、もんじょ、と読みますよ)

江戸から明治にかけて私塾を開いていた某人の塾で
使われていた教科書などを、しらべるお手伝いです。
もうちょっと言えば、分類整理と目録とり。

いちいちの、発見や感動やおもしろさがあり、
与えてもらった実践的な勉強の場で、
(ご厚意に深く感謝しつつ)
ときどき冷や汗を流しながらも、
こんなことをやって暮らしていけたら、などと妄想をしています。



最初の半日は慣れなくて作業が遅かったけど、
昨日はそのぶんを挽回できるくらい、驚異的な速さで目標を達成。
(はあぁ~よかった~)
今日はいよいよ、ちょっと手ごわいカテゴリに入ります。



というわけで、コメントのお返事などは、ちょっと待っててね。
いただいたコメントなどは、全部、楽しく読ませていただいています。
いつも、ありがとうございます。


では、行ってきますーーー(^^)/

by green-field-souko | 2014-10-23 05:41

現場弁当1012



この日が現場の最終日。
c0145183_9531314.jpg

・白ごはんと梅じゃこ
・玉子焼き
・鮭の焼き漬け
・青菜のおひたし



作業員のおかあさんが、今日で最後だからって、
お赤飯を炊いてきてくれた。
ほかにも、梨やお漬物や無花果の甘露煮とかいろいろ。
わたしは柿を持参。
c0145183_9485678.jpg

おかあさん達は、家の農作業も終わり、
現場も終わって休みに入る。
「ここへ来ないと淋しいのう」
「また来年(事業が)あるんだか?」
なんて口々に言う。

ゆるやかで、らくちんで、わたしも楽しい現場だったな。

収蔵庫入口の脇に、いつもいたカエル二匹。
常夜灯に寄ってくる羽虫が目当てらしい。
この画像は9月21日のもので、最終日10月12日には姿を消していた。
c0145183_9491035.jpg

人間も、カエルも、ぼちぼち冬ごもり。

ありがとうございました。
また、いつか。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2014-10-20 09:49 | のらべん | Trackback | Comments(6)



日課となっている、にゃごのベランダ日光浴。

水曜の朝、違和感のある物音に駈け寄ると
いつもなら平和にくつろいでいるはずの猫が、こつ然と消えていた。

落ちた!

転落した瞬間を見たわけじゃないのに、なぜか瞬時に確信した。
カラスでも追って我を忘れ、
転落防止用に張ったネットを越えてしまったのか。

c0145183_6175930.jpg


下を覗いたが、にゃごの姿は見えない。
植え込みの向こうに、よその三毛が呑気に、まるまっている。

とにかく、にゃごを見つけないと。
このような場合、時間が経過するほど、再会率が下がると聞く。

壊れかけた物置の隅、塀垣の隙間、駐車場のすべての車の下。
給水タンクの脇、自転車置き場。
思いつくところはすべて見た。
帰宅する車のエンジン音で迎えに出る猫なので、エンジンをかけてもみた。

でも、いない。

マンションの庭から見上げる4階は、高い。
ここから落ちて動ける場合、とっさにどこへ移動するだろうか。
わたしが猫なら、暗くて狭い物陰かもしれない、などと思いながら
敷地内を何度かめぐるうちに、
じーっとまるまっている三毛猫が、ふと眼に入った。

三毛猫の視線の先。
1階のベランダが突き出たコンクリのすき間だ!
眼をこらすと、濃い暗がりのなかに
ブラウン・クラシックタビーの背中が見えたようで、近づくと、
おびえてかたまった、にゃごが瞳を光らせてうずくまっていた。

落ちた衝撃と恐怖、ほかの猫を知らない戸惑いで、
動けずに、にゃごは居た。

名前を呼んでも出てこない猫を、
腹ばいになってすき間にもぐり、前脚をつかみ、引っぱりだして部屋へ走った。
非常階段を駆け上る肩に、猫の爪がくいこみ、
その痛さが、猫を抱く腕に力を込めさせる。
ここで離したら、二度と逢えないかもしれない。それだけを思った。



そのあと、
骨折や内臓損傷などがないことを、動物病院で診てもらうと、
人間も猫も倒れ込むように眠った。
すごい一日だったね。
猫は黙って、押し入れにもぐり込み、翌朝まで出てこなかった。

二日ほど猫は妙な歩き方をしていたが、
打撲だろうということになり、
痛み止めを打ってもらい、三日目には通常の猫に戻った。
もともと身体能力の高い猫だし、落ちたのが芝生の上というのも幸いした。


それにしても、あのとき、なぜ、三毛猫の視線の先が気になったのか。
そして、暗がりのなかの動かない保護色を見つけられたのか。
思い出すほど、不思議に思える。

なんとか猫が無事でよかった。
今、猫を失ったら、生きていけない気がする。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2014-10-20 06:24 | 旅と隠遁 | Trackback | Comments(14)



畑から摘んだ、間引きのわさび菜をちぎる。
きざんだ茗荷をパラり。

秋の茗荷は、おおぶり。
薄黄色の花も可愛いので、つまんで入れる。

オリーブオイルをまぶして、
岩塩をすこしとビネガーを。
さらに酢橘を搾ったら味がピンとした。

c0145183_8472499.jpg


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2014-10-11 08:48 | ときどきプチ野菜料理 | Trackback | Comments(10)

ききとり調査



アカデミックなやり方は、データ収集なのかもしれない。
たとえば項目で文言を整理しやすいような。
それは教科書。

ちゃんとした教育課程を経てこなかったわたしのやり方は、
おそらくは異質な手法で。
手さぐりしつつ、相手の人生に耳を傾けることだった。
それは散文。



散文を捨てる気にはなれないけど、
教科書づくりも、たぶん、やればできるな。
お茶くみ係をやりながら
頭のなかで調査の構成をばらしてみる。
なんだ、そうか、こういうことか。


c0145183_827201.jpg

現場だったところの銀杏の下に、
いつのまにかテーブルと椅子が置かれていた。
わたしたちが来なくなっても、だれかが来てくれるなら、
銀杏も淋しくなくなるね。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2014-10-11 08:37 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(0)

おかあさんたちのOFF



いっしょに仕事をしている作業員のおかあさんたちは、
ほとんどが大きな農家で、
お米や野菜や果物を、たくさん出荷している。

「米(の出荷)が終わると、ここ(現場)も終わるし、今度ほんとうに休みだ」
「半年ぐっつら働いたっけ、冬は半年休まんばねー」
「まんず温泉行ぐんだ、トト(旦那さん)連れてな」

おかあさんたちは、朝3時から、農作業で忙しいのに、
自分でこしらえたお弁当を持って、収蔵庫へアルバイトに来る。
大変ですねと言えば、
「どうせ家族みんなの弁当つくるから、ついでだー」と笑う。

民具をクリーニングしながら、世間話をしたり、
大声で笑い合ったりするのが、おかあさんたちは楽しみなのだ。
お手製の漬物や炊き込みごはんを、誰かしらが持参してくるので、
休憩時間はいつも、お茶飲み大会みたいになってしまう。
c0145183_10211268.jpg


きゅうり、オクラ、茄子、かぼちゃ、枝豆、ラッキョウ、梅干しから、
ゼリーにプリンに笹団子におせんべい、たくさんもらって、
ぜんぶは食べきれなかったけど、楽しかった。

暦のうえでは、とっくに秋なのに、
どういうわけだろう、ようやく夏が終わる気がしているのは。
c0145183_10213195.jpg

おかあさんたちは、これから冬ごもり支度。
おかあさんたちの時計は、なんて、おおらかなのだろう。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2014-10-10 10:25 | 畑でわたしは考える | Trackback | Comments(2)

月友達




一昨晩の皆既月食は、ベランダから眺めただけで終わった。
月が好きなので撮ろうと思っていたのに、
どうしても、カメラを持つ気になれなかった。



昨日、暑かった一日の終わりに、
夕方の混雑するバイパスで、
赤銅色した、ほぼ満月が昇ってくるのを見て彼女を思い出した。

渋滞中にメール。

気に入った月の夜に時々、お互いにそのことを知らせ合う。
そんなに会ったりするわけじゃないけど、
彼女とは月でつながっているのかもしれない。


月はそのうち撮ろう。撮りたくなったら。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2014-10-10 09:48 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(2)

現場弁当1005



なんとなく、かためのものが食べたくなって、
玄米小豆ごはんを炊いてみる。
c0145183_53302.jpg

小豆ってこんなに甘かったんだー。
あんこは苦手だけど、たまになら小豆はおいしい。

・玄米小豆ごはん
・甘酢生姜
・鶏むね肉の有馬煮
・わさびマヨ和え(青菜・二十日大根)
・葡萄


というわけで、本日のおすすめは、
小豆玄米ごはんです。
c0145183_5331346.jpg



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村

More
by green-field-souko | 2014-10-09 22:22 | のらべん | Trackback | Comments(6)

猫の皮をかぶった猫




夜はたいてい、かけ布団の上にまるまって、
すーぴーすーぴー
無邪気に、にゃごは眠っている。
c0145183_9365324.jpg




ところが、ある夜ふけ。



仕事机から、ふり返ると、
おっさんのように
仰向けでおおきく伸びをする
にゃごと目が合った。
c0145183_937889.jpg

一瞬の間。
そそくさと、まるまった、にゃご。


別人のような、にゃご。
なにか思うところあって、
猫をかぶっていたのだろうか(笑)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2014-10-02 09:39 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(12)

うまくできると疎まれる



という法則。

それならしくじったほうがいいのか。
といえば、それも違う。

ちょうどよいポイントが、
わからない。
相変わらず、わからない。

c0145183_9274868.jpg



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2014-10-01 23:23 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(12)