ずっと生き難かった。ため息と深呼吸の備忘録。


by 草子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2015年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

non title







すごくいい感じのセッション見つけ、
すごく好きなタイプのヴォーカルを
追いかけてみたら、
すぃさん(ヨシカワタイキさんというらしい)に行き着いた。




コメントありがとうございます。
お返事は、ちょっとお待ちくださいませ。
すみません。
そのあいだ、すぃさん聴いててー^^


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2015-07-23 16:07 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(8)


やることがないわけじゃないけど。
ぜんぜん足りない。

なにをして、
今日一日を埋めたらいいんだろう。

c0145183_4445631.jpg


希望の材料もなく、
さがすでもなく、
ひきこもれるだけ、ひきこもり。
一日がもう終わっている朝。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2015-07-22 04:50 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(6)

ききとり




師匠を手伝って、ささだんごをつくった。
これはまあ、そこそこの経験があるので簡単といえば簡単。
c0145183_1754549.jpg


ちまきは、初めて結わえてみた。
難しいと聞いていたので、できるかどうかと思ったが、
師匠を真似て、まあ、なんとか。
c0145183_17551419.jpg

でも、つくったうちの1個が茹でている間に崩壊。
1時間もの茹で時間に耐えられなければ、ちまきにはならない。
「敗北だー」と言ったら、
「でもまあまあの合格点よ」と、師匠が笑う。



手伝いながら、聞き取り調査をした。
c0145183_17555481.jpg

ささだんご、ちまきを、つくれるひとは、もう少なくなった。
「かーちゃんがぼけたり死んだりしないうちに記録しとく」
と冗談のつもりで言ったら、
「ほんとね。せっかくそういうことが、あなた、できるんだもんね」
と真顔でうなづく師匠。

しまった。冗談にならなかった。わたしの馬鹿。

けど、記録は記録。
記憶が薄まらないうちに、ちゃんと、まとめなくちゃ。
夏休みの宿題かなあ。
民俗の仕事がなくたって、わたしは民俗から離れないの。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2015-07-19 17:34 | 旅と隠遁 | Trackback | Comments(6)

むらさきピクルス oishii



今年の新たまねぎは、小粒なものが多かった。

さて、どうしようかと考え、
輪切りにしてみたら、重なる紫色の円のきれいなこと。
塩をすこし振り、千鳥酢をひたひたにそそぐ。
c0145183_2125832.jpg

漬け液がしみこむ前のが、カリコリして、おいしい。



時間をおくと、きれいな紫色がとけ出して、
たまねぎ自体は色褪せるので、
一度にたくさんつくらないほうがいいかな。

と思っていたのに、
スライスして現われる紫色の円に見惚れて刻んでいたら、
うっかり、たくさんつくってしまった。
c0145183_2131882.jpg

焼いたサバやイワシに添えると、
さっぱりして、おいしい。
胡椒を挽き、おつまみでカリカリかじるのも、おいしい。
c0145183_213344.jpg




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2015-07-17 21:05 | ときどきプチ野菜料理 | Trackback | Comments(8)

安保法案可決

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by green-field-souko | 2015-07-17 11:30 | とるに足らないモノコト

茄子素麺 oishii




息をするのも億劫なほどの暑さ。
気温は午前のうちから30℃を軽く超える。

こんな日のお昼は「茄子素麺」を、つるん、とね。
c0145183_10113059.jpg



半分に切った小ぶりの丸茄子に包丁目を入れて、
干し海老の出汁でコトコト煮る。
醤油と酒で味をととのえたら
鍋ごと氷水に浸けてさます。

よく冷やしておいた器に盛り、薬味を添えて出来あがり。
新生姜の酢漬け、きざんだ茗荷、梅肉。
出汁の干し海老もついでに。
c0145183_1012465.jpg

夏になると、
こういうものは多めにつくり、冷蔵庫に入れておく。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2015-07-16 10:15 | ときどきプチ野菜料理 | Trackback | Comments(2)

はて




野菜と猫の話しか、わたしは、してこなかったかなあ。
c0145183_9423241.jpg

そう思われているのなら、そうなのかもしれないなあ。



そうであっても、そうでなくても、
まあ、べつに、どうということでもなく、
ちいさな生活経済をなんとなく妄想しながら、
なるべくすくないリレーションで、

地を見渡したり、天を見あげたり、
雨を嗅いだり、風を聴いたりしながら、
ときどきは幸福感を拾いあげつつ
野菜と猫で、静かに今生をやりすごしていく。
c0145183_943948.jpg

つかれないように。
しにたくならないように。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2015-07-15 23:59 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(0)



ちまき、ささだんごは、5月の節句にこしらえる。

5月と言っても旧暦で数えるので、
現代の暦だと、およそひと月遅れで6月ということになる。
新暦の5月のはじめに山へ行ってみたところで、
隈笹は、まだ、ろくに葉を広げていない。

ちまき、ささだんごは、隈笹でつつんでこしらえる。
c0145183_1562790.jpg



ちまき、ささだんごは、ハレの食べものなので、
もともとはつくる日は決まっていて、
そういつでもこしらえるものではないのだが、
閑なのか、手を動かすのが好きなのか、
気が向いた時に母は、ちまき、ささだんごをこしらえる。

このあたりでも、若い世代は
つくり方を、ほとんど継承してきていないくせに、
持って行ってあげると、
食べるのは大好き、と喜ばれるので、
それが嬉しくて、母は、いつだということもなく
ちまき、ささだんごを、こしらえるようになってしまった。





7月も半ばになり、山では、隈笹の葉もかたくなってきていた。

自分の背丈よりも高い、隈笹の藪に分け入る。
奥へ行けばもっと大きいよい葉っぱがありそうだが、
このへんはクマが出る。
日中に出くわすこともなかろうが、
気休めに、わざと音を立てるようにして、隈笹を採る。
c0145183_1565380.jpg

クマザサは熊笹と書くものと、
疑ってすらいなかったが、じつは隈笹と書くらしい。
クマの生息地に暮らすゆえの、思い込みと刷り込みだったようだが、
いまさら隈笹と知っても、なにか人違いをしたようで、
素直に、はいそうですかと脳内修正するのは抵抗がある。
c0145183_157561.jpg

クマザサの漢字の話を、母にしたら、
「あら、クマがこれのタケノコを食べるから熊笹って言うのよ」
と真面目な顔で言い張った。





鴨居に竹竿を渡し、茹であがった、ちまき、ささだんごを吊るす。
隈笹には殺菌作用があるそうで、
吊るされたちまき、ささだんごが、
数日経っても傷まないのは、昔からの知恵。

笹の葉の、いい香り。
だんご生地に練り込んだヨモギもいい香り。
畑の小豆を煮た自家製あんこ。
ちまきにまぶす黄粉も
昔は炒った大豆を、石臼でごろごろ挽いてつくっていた。

お米、お豆、お砂糖。
ちからの出るものばかりで、ちまき、ささだんごは出来ている。
夏に向かう時季に食べるのも、昔のひとの知恵なのかな。

今日も朝から暑かった。
もうじき、梅雨が明ける。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2015-07-14 15:08 | そうるふうど | Trackback | Comments(6)

うちで食べたお弁当




6月半ばの話。
かぶの葉っぱもぎバイトの予定が入っていた朝。
お弁当をつくり終えたところで、農園から電話が入った。
c0145183_10195150.jpg

「わるいんだども、今日は中止にして」
「やっぱ出さないことにした」
「出来がわるすぎて」

出荷当日の朝まで、出荷を迷っていたらしい。

ということは、ハウスまるごと廃棄?
ぜんぶ無駄?
手入れしてきたことも、資材も、種代も、目の前のかぶも。
そんなことがあるのか。と驚いた。



自分の畑でも、かぶでもないけど、
暗澹たる気持ちになった。
もったいない。
漬物加工用くらいに、ならないものかと思うが、
そうできない、事情なりがあるのかもしれないなあ。

要らなくなったお弁当は、うちで食べた。
うちで食べるお弁当は、
なにか、居心地のわるさみたいなものがある。
子どものころ、遠足が雨で中止になった日の、
あの、ざらつくような、淋しい気持ち。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2015-07-09 10:23 | のらべん | Trackback | Comments(8)

まびきたまねぎ備忘録



畑の春は、雨不足だった。
いつもならサックリ瑞々しいはずの、たまねぎも、
実がしまりすぎてかたく、しっかり辛い出来となってしまった。


たまねぎは葉が倒れるのが、収穫時期のサイン。
葉たまねぎは、それを待たずに間引いて食べる。
c0145183_9483239.jpg


変形したものや
これ以上の成長が望めそうにないものから
順に引きぬくのは、
まだ太りそうなたまねぎは、畝に置いておきたいからで、
早々に台所行きとなる器量のわるいたまねぎが
可哀相にならなくもないが、
仕方のないこととして、よいしょ、と引きぬく。


塩炒めにしたり、
http://vegebatake.exblog.jp/8825329/
c0145183_9491250.jpg

玉子でとじたり、
http://vegebatake.exblog.jp/8863172/
c0145183_9492222.jpg

これも畑の、さやえんどうなどと併せたり。
c0145183_9493478.jpg



なるべくリアルタイムで
畑の備忘録を記したいと思っているのだけれど、
なかなかそうもいかず。
画像のプロパティを見たら、5月21日に撮っていた。
c0145183_9495897.jpg



季節のめぐりは、
毎年毎年、おなじことの繰り返しのようで、
それでいて、較べれば、
やっぱり去年や一昨年とは違うこともあって、
そうした些細なことの中に
小さくわたしは過ごしているのだなあ、と思う。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2015-07-09 09:54 | ときどきプチ野菜料理 | Trackback | Comments(6)