ずっと生き難かった。ため息と深呼吸の備忘録。


by 草子
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2016年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

真冬の現場弁当



動いていると平気なのだが、
休憩時間になると、しみじみと寒いのが現場。

なんでもっと気候のよい時季にしないのか、と
作業員さんたちは、ちょっとブーブー。

そりゃまあそうだけど、
そっちの部屋はストーブがあるだけマシじゃん、
と心でつぶやくわたしであった。
c0145183_17171216.jpg

よく冷えたごはんを、噛みしめる。

あと5日あるなあ。泣



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2016-01-30 17:09 | のらべん | Trackback | Comments(2)



事例報告会と懇親会に
おずおずと参加してみたら、
みんな、やさしいので、嬉しくありがたかった。

てか、
どうして、わたしを知ってるの???
それに、お礼を言わなきゃいけないのは、こっちで。
しどろもどろしている横で、
背中を押してくれたひとが
あれもできるしこれもできるしと言って推してくれる。

いつだって、到達点の設定は無茶ぶりに高く、
いいのかわるいのか分からないままだったりしてきたので、
そんなふうに思ってくれていたのかと
ひたすら、驚いたのだった。




高速バスから降りて、
うちへ向かって、てくてく歩いていても、
ひたすら驚いたことばかりが反芻される。

なんだか、もうすこし、まだ帰りたくなくて、
途中のドーナツ屋さんでコーヒーでも飲んでいくつもりでいたら、
ふと目に入った居酒屋の入口の貼り紙。
「気になったら覗いてみてください」

ひとりで入るなんてことは、まず、ないのだけれど、
すっごーーーいレトロさに
引き止められた気がして、勇気を出して覗いてみた。
そういうことができる勢いのある夜だった。




  :

JR新潟駅南口から、
駅を背にしてけやき通りを右へ。
店名はたしか「ラーメン雛」
たいへん気に入ってしまったので
たぶん、また行く、ふらっと呑みに。笑



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2016-01-27 23:20 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(6)

白菜漬け



本格的な雪がくる前に、
畑から野菜をとって、小屋のあたりに保存しておく。
とはいえ、やはり、採りたてのほうが鮮度よくおいしいので、
それとリスクを天秤にかけて、
うちでは、畑と小屋と、半々くらいにしておく。
c0145183_14542435.jpg



よく漬かった白菜は象牙色。
昆布や柚子を入れるときもあるが、
昔ながらの、
うちの白菜漬けは、タカノツメと塩だけで漬ける。
c0145183_1454354.jpg

お醤油をかけた白菜漬けで
炊きたての白いごはんをくるんと包んで食べるのが
子どものころから、好きで困る。
お行儀がわるいと思いつつも、
つい、くるん、とやってしまう。

今年のお正月は、そんなものばかりを食べていた。
わたしの人生、
そんなもので充分だなあ、と思う。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2016-01-13 14:54 | そうるふうど | Trackback | Comments(8)


お正月休み明け、4日から、仕事が動いていた。
きれていたラインが復活したり。
出した結果に対して新規オファーがきたり。
これはいったい、どうしたことだろうかと、
なにかに対して猜疑心がはたらくほど案件に追われた。

ちょっとばかり順調になると、こんなはずはない、
きっと先には落とし穴が用意されている、と構えてしまうのだけど、
増長して言っちゃえば、
もしかしたら、だけど、
戦える武器をわたしは持てたのだろうか。

その武器というのは、
ここと、あっちと、どこかをつなげる道具。
カテゴリをまたいで、たとえば通訳できる言葉のようなもの。

何年も、「点」を打ち続けてきた。
懲りもせずに。「線」で結べることを願いながら。
わずかのスペシャリティと、もっとわずかのジェネラリティと、
折れてしまいやすい自尊心で、こつこつと。



ビフォー&アフター大改造
みたいなことを思いきってやらかして、
ひといき、つく。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2016-01-12 13:36 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(4)


入院でいちばん心配だったのは、飼い猫だった。
長い入院ではないし、えさやりもひとに頼めたのだけれど、
出かけようとする朝、猫は暴れた。
c0145183_930735.jpg

c0145183_9301967.jpg

c0145183_9303062.jpg

大声で鳴き、棚に駆けあがり、
走りまわっては、身をよじらせて叫ぶ。
そして、こたつにもぐって出てこない。
c0145183_9304794.jpg

こんな猫を見るのは初めてだった。

子猫の時分、信号待ちの車から、路肩に投げ捨てられた猫である。
過去の経験から、置き去られるとでも思ったか。
いっそ連れて行きたいが、そうもいかない。
せめてもと、
猫をめちゃくちゃ撫で、
部屋の灯りをつけっぱなしで玄関を出た。


退院したら、まずは猫。
なにを置いても猫。
そう思って数日を過ごした。


退院した夜。
奮発してあげたお刺身をぺろっとたいらげると、
猫は、落ちるように寝てしまった。
c0145183_9311148.jpg

名前を呼ぶと、いちいち、「ぐうぅ」と鳴き、
満足そうに、猫は口を「むにゃむにゃ」と動かした。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2016-01-11 09:35 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(12)

ほっこり蕪炊き




今年の冬は暖かい。畑には雪もない。
例年なら年内でおしまいになる聖護院かぶらも、
抜きたてを食べられる。
c0145183_8461230.jpg

今日は、夕方から小正月行事「さいのかみ」だった。
雪原となった田んぼで燃える
幻想的な神事風景も、今年は望めない。
「さいのかみ」をこしらえるのも、燃やすのも、つめたい雨の中。

こんな日は、あったかいお夕飯がいいなあ。
c0145183_8464815.jpg



大きめのさいの目に切った聖護院かぶらを、
白だしでコトコト炊く。
おつゆをたっぷりはって、すり胡麻を少々。
c0145183_847069.jpg

ふうふう。とろとろに炊けた。
のこった分は、片栗粉でとろみをつけようか。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2016-01-10 23:34 | ときどきプチ野菜料理 | Trackback | Comments(5)

病院のごはん




毎日、一日二本(+α)の点滴と痛み止め、
朝夕の血圧と体温チェック、簡単な問診。
それだけがノルマなので、あとはのんびりした入院ライフ。

のつもりでいたのだけど、
利き手が使えないので、なにをするにも時間がかかるし、
本を読もうとしても、それなりに痛いので集中できず。

仕方がないので点滴をずるずる引きずってデイルームへ行き、外をよく眺めた。
窓の向こうに、川辺の風景があって、
見るたび、水や空は様相を変えるので、意外と飽きない。
c0145183_2122056.jpg

晴れた朝には、河はきらきら輝き、
風のつよい日にはざわざわと波立った。
そういえば、一度は、河に虹が架かったりもした。
水面は静かな鏡になり、姿を落とした虹は、水面を境にしてまるく映り、
居合わせた患者たちから、ため息がこぼれたっけ。



それでも、いよいよ退屈になったので、
病院で出してくれる食事を撮ろうと思いつく。
これも、意外と言っては失礼だけど、
いろいろ考えられているふうで、なかなかおいしかった。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村

こんな感じ
by green-field-souko | 2016-01-09 21:24 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(16)

ぺいん


自分の不注意から、右手を強くぶつけて小指の中手骨が折れてしまった。
折れたついでにズレたので外科手術となる。
12月3日に手術、入院治療。年末年始をシーネで過ごした。

シーネがとれた今は、
日常生活をふつうにしながら機能回復のリハビリ。
(ピン2本の抜釘手術はこれからだけど)

リハビリセンターでも、自宅での自主トレでも、
やるほど、手がむくんで熱を持つのだけど、そんなものなのだろうか。
もちろん痛い。
痛くて、痛くて、
がまんして続けていると、冷や汗が出て、寒気さえしてくる。
痛すぎて、やる気が折れて、すこし手を抜くと、
翌朝は骨折周辺が絶望的にかたまっている。


そのことを療法士さんに伝えると、
交感神経や副交感神経の関係で、痛みに強いひとと弱いひとがいて、
ふつうよりも痛みに弱いですね、と言われる。
そういうものかと納得しつつ、
しかし、だめな人間とでも言われたようで、なんだか落ち込む。
療法士さんは感じのよいひとだし、なんでもない言葉なのになあ。


じつは、手術の際も、途中で局所麻酔の効きが緩んできて、
痛くなってきましたと伝えて追加してもらったのだけど、
その麻酔注射がやたら痛くて、そのうちに勝手にからだが小刻みに震えだし、
寒くて、寒くて、今思えば軽いショック症状だったのではないかな。
一時的に血圧が180まで急上昇した、と後で聞かされた。

リハビリ、って、どうやるのが正しいのだろ。
癒着してしまったらおしまい、なイメージがあるんだけど。

それにしても、
なんで、こんなに、ヘタレなのか。
情けないにゃん(=・ェ・=)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2016-01-09 17:20 | 日々の照り降り

こもり正月




c0145183_134554.jpg


のんで、たべて、ごろごろして、
思い出すとリハビリの自主トレをする。
c0145183_13452222.jpg

利き手が休養中のわりには
お蕎麦も、お雑煮も、まあ、なんとか。

c0145183_13453896.jpg

さえないお正月ではあるが、
静かで、きままで、これからの予定だけはたっぷり。

とりあえず、いやというほど眠ろうと思う。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2016-01-01 13:56 | 旅と隠遁