ずっと生き難かった。ため息と深呼吸の備忘録。


by 草子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2017年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

海月(くらげ)




小海老系プランクトンや小魚を
海月は捕食するのだけれど、
なかには
海月を食べる海月も居るのだと水族館で聞いた。



c0145183_04275996.jpg


食べるほうの海月は
自分から獲物に襲いかかることはなく、
たまたま近づいてきた他の海月を
触手でとらえ、口まで手繰り寄せて養分にする。



c0145183_04280588.jpg



食べられるほうの海月は
たまたま近づいてきた触手に捕えられ、
なにが起こったかを理解できないまま命を終える。






のだが、
食べるほうの海月も
食べられるほうの海月も
脳味噌を持っていないので、なにかを思うことはない。
ただ食べるだけ。
ただ食べられるだけ。





人間のように、
生きたり死んだりに対する
幸不幸も、いっそ、ないのだ。







捕食シーンなんかを昼間に見たせいで、
真夜中になっても
水槽に漂っていた海月が思い出されてしまい、
息苦しかった。










にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村


by green-field-souko | 2017-09-24 04:43 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(6)

秋陽



明治からを遺す水場に、
やわらかくなった秋の陽射しが
こぼれていた。

c0145183_10340077.jpg

でも、庭には
まだ、青もみじがさやさやと。

c0145183_10340553.jpg

ひずんだ板硝子なんかの
不完全なゆるさは、わたしの好きを超えている。

c0145183_10340840.jpg


夏を騒いでいた人たちは、
何処へ消えてしまったのだろう。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2017-09-14 10:52 | 旅と隠遁 | Trackback | Comments(6)

朝方の虫の音



ちいさな鈴を振るように、
草むらで虫が鳴いている。

夜通し震わせてくれる
羽根を聴きながら、
このごろは、眠りについている。

空が白んでくる。

c0145183_03481430.jpg

雪国の秋は駆け足。
窓を開けたまま
眠れるのも、あとわずか。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2017-09-13 03:51 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(2)

さつま芋のレモン煮



もったりした食感の
南瓜とか、
煮豆とか、
さつま芋とか
さつま芋とか
さつま芋とか
みたいなものが実は苦手なのだけれど、

畑で採れるからには食べるのだ。
消極的に。

c0145183_19111657.jpg

今年のさつま芋は「紅はるか」という品種。
おいしいと師匠は言うが、
丁稚には、おいしさが今ひとつ解らない。


「さつま芋のレモン煮」は、
レモンの輪切りといっしょに
砂糖、かくし味の塩、ひたひたの水で煮る。
(酒をとぷとぷ入れると料亭っぽくなる)


c0145183_19113777.jpg




それにしても、
秋になったというのに日中の蒸し暑いこと。

こんな日は、緑茶を熱湯で濃く淹れる。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村

by green-field-souko | 2017-09-12 18:00 | ときどきプチ野菜料理 | Trackback | Comments(0)

草刈りの日



雑草退治には、つねに、膨大な時間と労力を費やしてきた。
除草剤を撒かないと決めているので
納得のうえではあるが、
トータルで一反オーバーの面積の表土を
明けても暮れても小鎌で撫で尽くさなければならないことが、
いいかげんイヤになった。

師匠は体力気力が落ちるお年頃。
丁稚は本業で時間不足だし、この夏は二度も熱中症に倒れた。
イヤというよりも、これはもう限界。

あきらめて除草剤を撒きましょう、と師匠はついに言った。
だがしかし、ちょっと待て、かーちゃん。
丁稚が、草刈り機を使ってみようではありませんか。
うなる回転刃がおそろしくて、今までスルーしてきたツールではあるが、
もう、そんな生ぬるいことは言っていられない。

で、
草刈り機の講習を受けたというひとからやり方を教えてもらい、
実際に使ってみたら、これが、まあ、なんと便利な!

草子には無理と思われていた(らしい)エンジン始動も一発。
わたしは女子高生時代、エンジン付き模型飛行機にはまっていたのだが、
なんだあ、草刈り機も同じ空冷2サイクルではないですか。
微調整なんかはむしろ簡単。ないに等しい。

従来の小鎌除草では何日もかかっていたのが、
草刈り機だと、わずか3時間。
ここしばらく折れかけていた気持ちが復活しました。
まだまだやれるね、無農薬有機野菜づくり♡


来年の春は、堆肥化した雑草を畝に鋤き込もう。
もっと、ふかふかに、肥やすのだ。

c0145183_06183473.jpg
c0145183_06184455.jpg





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2017-09-09 06:21 | 畑でわたしは考える | Trackback | Comments(10)