ずっと生き難かった。ため息と深呼吸の備忘録。


by 草子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

瓢湖にネット

水鳥の生息地として国際的に重要な湿地、その湿地の生態系を守るのが目的の、国際的な約束。ラムサール条約に、阿賀野市の「瓢湖」が、このあいだ指定された。

あっというまに、給餌場にネットが張られたらしい。緑色の無粋なナイロンのネット。

瓢湖で翼を休めるガン・カモ類は、ものすごく人馴れしていて、ヒョコヒョコと陸まで上がって餌をねだる。それがいけない、という。うん、やっぱり野生を失わせちゃ、いけないのだろう、と思ったら、ちょっと違って、ガン・カモ類と人間の接触を防ぎ、鳥インフルエンザから観光客を守る対策なのだそうだ。だったらいっそ、餌付けなんて、やめたらいいだろうに。


ふ~ん。ラムサール条約湿地に指定されると、いきなり思いついたように、いろいろうるさいことが起ってくるんだな。

鳥インフルエンザが発生したら大変だもんね。けど、瓢湖のガン・カモ類は、瓢湖から離れないわけはなくて。数キロ離れた場所では、昔から、ふつうに狩猟の対象になっているんじゃないの。そっちのほうが危ないと思うんだけど。

瓢湖からすこし離れた湿地「福島潟」は、あえてラムサール条約登録に手を挙げない、という話を聞いたことがある。なるほどね。
トラックバックURL : https://vegebatake.exblog.jp/tb/10245320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by rollingwest at 2008-12-02 22:20
懐かしいですねえ・・、約1年前の草子様記事およびマイコメント (何か相当昔のような気もするけど・・笑)
瓢湖記事あたりから、「貴女の写真腕前が上がってきたなあ!」と感心した記憶があります。

Commented by green-field-souko at 2008-12-03 05:45
■RWさま そうですね。1年が3年くらいに感じられます。
その後、ちっとも上達しませんが、また福島潟を撮りにいこうかな♪^^
by green-field-souko | 2008-12-02 13:10 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(2)