ずっと生き難かった。ため息と深呼吸の備忘録。


by 草子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

弁当箱復活



もう随分前に、大内宿で求めたお弁当箱。
木のやわらかな感触と、大きさもちょうどよく、
手入れが下手でカビさせてしまっても
どうにも捨てられずにいた。

漂白しても落ちないカビではあるが、
それなら、なにかを塗布して閉じ込めようかと
あるとき思いつき、内側に漆を塗ってみたのだった。


c0145183_15381395.jpg

上等のものなら本職に塗り直しを頼みたいところだが、
持ち込むのも恥ずかしい品なので
(しかし愛着はたっぷりある!)
これはもう自分で塗るしかない。
塗っては乾かし、乾かしては塗り、を何十回繰り返しただろう。
ヒビ割れ箇所も漆で埋めた。


c0145183_15381875.jpg

で、10か月ほど放置したところ
漆の匂いがとれてきたので、
そろそろ、また、働いてもらうことにする。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
トラックバックURL : https://vegebatake.exblog.jp/tb/28503010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by masatomi29 at 2017-12-07 17:40
うわ~さすが草子さんですね♪
これからも楽しいお弁当の時間になりますね^^
お弁当箱職人さんが聞いたら、きっと泣いて喜ばれると思いますよ(^^)
Commented by green-field-souko at 2017-12-07 20:03
■いちご屋さま ありがとうございます。
捨てるには惜しく、思いきって塗ってみました。
じつはすでに使いましたので、追って、地味弁をUPいたします。
よろしかったらごらんくださいませ^^
Commented by haru_rara at 2017-12-09 19:46
ウチのトーチャンも年季の入った楕円形の漆の弁当箱を、自分で塗りなおして愛用していました。
いいものですよね、愛着もひとしお。
草子さんの「地味弁当」まさに「滋味弁当」です。
最高♪
Commented by green-field-souko at 2017-12-10 06:35
■ハルさま トーチャンさんも塗り直されたのですね♪
そうなの。簡単に捨てないでよかったです。
それにしてもトーチャンさんは、ヤマブドウのつるでカゴを編まれるし、
漆を塗り直されるし、雪かきは巧いし、素晴らしいお方だわ~

実家のほうから五頭山を眺めると、その向こうに
会津の山々が連なっているので、よくハルさんのことを考えます。
お互い雪に負けず、冬ごもりを楽しみましょうね^^

Commented by horopyonn-0624 at 2018-01-08 17:58
曲げわっぱのお弁当箱
憧れます。。。

いつかほしいものの一つですね。。。
Commented by horopyonn-0624 at 2018-01-09 06:41
漆、プロのわざと思い込んでました。
あっぱれ!
きれいです!
Commented by green-field-souko at 2018-01-09 08:21
■ぎんネコさま
これは観光地の土産物店で買った、お手頃のモノでして。
そのかわり気楽に使っています。
なに詰めてもそれなりに見えるあたりも、わたし向きでしょうか。笑

お箸が木肌に当たるやわらかな感触も好きです。
ぎんネコさんも是非♪

Commented by green-field-souko at 2018-01-09 08:27
■ぎんネコさま ありがとうございます。
金継ぎがお上手なぎんネコさんに褒めていただくと、
その気になってしまいそうです。むふ。

あと4日、仕事に行ったら、ひきこもれますね。
いってらっしゃーい!
わたしも仕事しよっと。
by green-field-souko | 2017-12-07 15:50 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(8)