ずっと生き難かった。ため息と深呼吸の備忘録。


by 草子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

さしかえ一輪車




ついに一輪車(荷物運搬専用の手押し車)に穴が開いた。
正確に言えば、
バケットの底の腐蝕穴が広がり、とうとう枠状態になってしまった。
板を当てるなどして、だましだまし使ってきたが、もはや限界。
安い道具でもないのに困ったなあ。

なにかないだろうか?
そのへんをあてもなくゴソゴソさぐっていたら、
なんと!もう一台、一輪車が出てきたじゃありませんか!
(ただし、フレームが曲がり、パンクしていたけど)

こっちのはバケットおっけー。
こっちのはフレームおっけー。

おっけーのバケットを外して、
おっけーのフレームに差し替えてみたら、
まあまあ載せられた。
元々サイズが異なる両車なので、当然がたつきは仕方ないとして、
だましだまし使えそうではある。
(廃品利用ゆえ、それとて時間の問題だろうが)


c0145183_14043265.jpg


穴の開いていない一輪車は
えもいわれぬ安定感・安心感があって、
心の安寧を得た気さえして、
嬉しくて嬉しくて
もうちょっと畑をやってみようと思ったよ。






にほんブログ村
トラックバックURL : https://vegebatake.exblog.jp/tb/29463153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by green-field-souko | 2018-04-29 14:36 | 畑でわたしは考える | Trackback