ずっと生き難かった。ため息と深呼吸の備忘録。


by 草子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

梅をもぐ



木蔭が風を呼ぶ。
蒸し暑さのなかで、大粒の青梅の、その清々しいこと。


c0145183_15125048.jpg

梅酒、梅干し、梅ジュース。
完熟したら梅ジャムも。



夏休みにホームステイを予定しているおたま(姪・高2)に、
かーちゃんがポチ袋をわたす。

「外国へ行くんだから、おたまに小遣いをやらないとなあ。
生きているとき、おじいちゃんはそう言って、
財布からお札を出したり仕舞ったり、出したり仕舞ったり、していたのよ」
「2万円じゃなくて3万円やりたいんだが。
って言ってたんだけど、そうこうするうちに死んでしまったわ」
「それで草子おばちゃんが、足して3万円にしてくれたの。
これは、そういうお金」
「けが、事故、間違いのないように、気をつけていってらっしゃい」

おたまは、ちょっとうつむいて、鼻を赤くしていた。

「けが、事故、間違いのないよう気をつけて行け」と、
進学で家を離れるわたしに、同じことを、とーちゃんは言ったっけ。
うちの経済状態を考えれば、過ぎた教育だった。


とーちゃんが逝った日から、ちょうど3か月。

麦茶の氷が、カラコロ鳴って、夏が来る。







にほんブログ村
トラックバックURL : https://vegebatake.exblog.jp/tb/29598992
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by seechan2525 at 2018-06-26 16:14
おたま姐さんがホーム・ステイ・・・
世の流れは早うござんすね。
お父様の事といい、
なんだか、流れていく時の速さに
愕然とするわ。

おたま姐さん、気を付けて行ってらっしゃいませ。
あっしのこたあ、何の心配も
要りやせんぜ←だれ?
Commented by kogechatora at 2018-06-26 23:56
今年も梅が太る季節ですねっ

毎年毎年、雪が消えて花が咲いて梅が実って暑さが通り過ぎて…気づくと…大人になったり、老けたり…
どんどん時間が加速していきます…
Commented by ともみ@金沢より at 2018-06-27 00:48 x
草子家族に流れる空気に
ほわんと親しみを覚えました。

カランと氷の音を立て
わたしも麦茶飲みたくなりました。
Commented by fusk-en25 at 2018-06-27 20:27
カラコロ。。。と夏の音がしてきた。。
梅野葉かげから。。
Commented by green-field-souko at 2018-06-30 10:17
■シーさま
おたまは好きなことしかやっていないふうに見えます。
都市部への遠距離通学(帰りに遊ぶ)、英語、部活、おしゃれ、喰っちゃ寝。
今にバチが当たるだろうと思うくらいなのに、ぜんぜん当たらない。
「おたま(の身分)になりたい」と、たまママに言ったら、
「だよねー。わたしもだよ」と返されました。

ホームステイに行ったら、ぜったい太って帰ってくる。と、みんな言っています。
7月末に出かけるそうです。もう好きにしてください、という感じです。
Commented by green-field-souko at 2018-06-30 10:22
■kogechatoraさま
樹の下半分の青梅をもぎ、上半分は完熟して落ちるのを待ちます。
脚立にのぼっても手が届かないのです。

この時季はとくべつに時間が加速しますねッ!
取り残されないよう焦るほどです。
仕事関係者で素敵なひとが居て、
いつか自分もああいうふうになりたいものだと思っていたのに
年下でありました…笑 だって頭髪が少ないんだもん…汗
Commented by green-field-souko at 2018-06-30 10:26
■ともみさま
わーい♪ともみさんだ。いらっしゃましー♪

麦茶の季節ですね。
仕事で出かけるとき、最近はたいてい冷たい麦茶にしています。
ポットの中で氷がカラコロ鳴っています。
昨日の仕事先は、最高気温37℃でした。息苦しかったあ。
Commented by green-field-souko at 2018-06-30 10:29
■fuskさま
夏の音…素敵な言い方をありがとうございます。
氷のほかにも、いろんな夏の音があって、
ふとした拍子に昭和へ連れ戻されてぼんやりしちゃう季節です。
Commented by cocomerita at 2018-07-03 18:45
Ciao 草子さん
お久しぶりーー

わ。おたまちゃんがホームステイ?
そんなに大きく 「なっちゃった」の?
うちの姪もすくすくあっという間に大きくなってるらしい
一年以上会っていないけど、、
なんかすっかり女の子らしくなってるらしい
私は昔のちっちゃな彼女を思い出し、 大きく「なっちゃったのか」と少し寂しくおもいます
だからおたまちゃんのことも そっか、、そんなに大きく「なっちゃった」のかと しみじみ
そりゃそうだ
トマトだって、芽が出たとおもったら、今や実をつけてる訳だから

麦茶の氷のカラコロの
その音の後ろに草子さんの父ちゃんの満面の笑顔があるね
そうして こうやって居なくなった後でも、皆が父ちゃんのやさしい思いを思い出すって事は、
素朴なさりげないやさしさに溢れてた人なんだなあと思います。

Commented by green-field-souko at 2018-07-04 20:05
■junkoさま
Ciao junkoさん。おひさしぶりですー^^
そうなの。junkoさんの姪御さんと同様、おたま、おっきくなっちゃってねえ。
7月下旬にオーストラリアの田舎にステイさせていただくらしいです。
なんでこんなにグングン育つの?と、嬉しくもあり淋しくもありですよお。

とーちゃんが死んじゃった現実は、普通に受け止めているつもりだけど、
肉体がなくなっただけで、いろんなひとの中で、関わりのその時々の姿で
生きているんじゃないのかなあ、などと思う今日この頃です。
だからね淋しくないよ。
「また絶対に会おうね」って息を引きとる際に約束したしね。

ありがとう。junkoさん。やさしいなあ。ありがとう。
Commented by kaze-to-hikari-to at 2018-07-05 20:47
再びこんばんは☆

ウチもことしの梅はほとんど落ちるに任せました。
毎日朝、昼、晩と狭い庭に転がる梅を拾い集めて梅酒と梅ジュースに仕込みました。
梅ジュースがシュワシュワしたのはナイショです(笑

姪御さん、オーストラリアにホームステイにいかれるのですね。
お餞別がお守りで、きっと無事にいろんなことを吸収して帰ってこられると思います。
ご報告が楽しみですね♪
Commented by green-field-souko at 2018-09-17 08:50
■kaze-to-hikari-toさま
こんばんはー^^
シュワシュワしたら、「今年は梅シャンパンにしたの」と言い張りましょう。笑

ありがとうございます。おたま、肥えて帰ってきました。
ステイ先のママがお料理上手で、カンガルーがおいしかったと。
帰ってくるなり「また行きたい!」と言って、
親(の財布)を恐怖に落とし入れています。
by green-field-souko | 2018-06-26 15:45 | ふりかえる家族史 | Trackback | Comments(12)