ずっと生き難かった。ため息と深呼吸の備忘録。


by 草子
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2008年 12月 31日 ( 3 )

ごあいさつ

いつも、あるいは時々、たまに、〝辺境のへっぽこブログ〟においでくださっているみなさま。
コメントをくださる方、そっと見守ってくださっている方、(うっかり間違えてアクセスしてがっかりした方も)この一年、ありがとうございました。

一年以上もブログが続くとは、じつは、自分では思っていませんでした。途中、アクセス数が励ましになったり、反対にやる気が失せる材料になったりもしましたが、結局はコツコツUPしていく楽しさが好きなのだと思い至りました。わるい癖です。仕事ではないのだから、ノルマも、目標達成も、上昇志向もなく、平穏にマイペースです。

日々、世の中や周囲に流されていると、居場所がないように思えることがあります。居場所は自分でつくらないと手に入らないのを知りつつ、ずいぶん長いこと、暗いトンネルの中に、わたしはうずくまっていました。力尽きていたのです。

そんな状況のなかで、這いずるようにして、はじめたブログでした。
でも、もう、トンネルから(たぶん)出たのだから、すこしずつ、つぎの段階へ行きたいと思います。具体的にどうのということではありませんが、備忘録として、きょうの気持ちを記しておきます。

みなさまにおかれましては、どうぞ、よい新年をお迎えになられますように。
お幸せでありますように。ありがとう。心から。
by green-field-souko | 2008-12-31 10:58 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(24)

百合根と銀杏のあんかけ

下ごしらえしたお正月食材から、好きなものをちょっとくすねて、「百合根と銀杏のあんかけ」です。ソフトボール大の立派な百合根、水原市場で3個900円でした。高いけど安い。喜んで購入。

茹でた百合根と銀杏に、ぎんあん(昆布かつおだし・塩・醤油・みりん・葛粉)を、とろりとかけただけ(あんが少なくゆるかった…ちょい失敗)。百合根も銀杏も大好き。こんなのを、純米酒といっしょに、ちょこちょこっと出してくれる、こじんまりとした気軽なお店があるといいのになあ。
c0145183_6401527.jpg

by green-field-souko | 2008-12-31 06:43 | ときどきプチ野菜料理 | Trackback | Comments(8)

ポッポ焼き

市場で売っていた「ポッポ焼き」。「蒸気パン」と呼ばれるほうが、かつてのこのあたりでは一般的でしたが、いつのまにかポッポ焼きに駆逐されてしまったようです。新潟市と下越地域(地図の北のほう)限定のお菓子だそうです。
c0145183_5383214.jpg

ホットケーキみたいな生地を、細長い型に流し込んで焼いただけ。ほんのり黒砂糖の風味がして、ほの甘く、蒸しパンに似ています。もっちりとした素朴な味です。お祭りの夜店にも必ず出ていて、店によって微妙に味が異なるので、好きなひとはひそかに、「毎年、入口から何件目の、あの店のポッポ焼き」と決めていたりします。

水原市場で売っているひとは、和菓子職人さんみたいな白衣を着た、無口なおじいちゃんじゃなくなっていました。そのお孫さんくらいの年齢の女性でした。ポッポ焼きも、黒砂糖の風味が薄く、ふわふわで軽い食感に変わっていました。昔のものばかりがよいとは言わないけれど、懐かしさを差し引いても、やっぱり昔のほうがよかったな。
by green-field-souko | 2008-12-31 05:39 | そうるふうど | Trackback | Comments(2)