ずっと生き難かった。ため息と深呼吸の備忘録。


by 草子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:とるに足らないモノコト( 575 )

繭玉かざり



昨年、暮れのうちに
囲炉裏端にムシロを敷いた。

c0145183_11201389.jpg
しょっから鍋を自在鍵に吊るして、
火鉢や煙草盆もしつらえて、
あったかい風景になった。



それから、小正月の餅花。
あるいは繭玉飾り。
時代や地域でさまざまありすぎて
これとは決められず、
結局シンプルになったとか。

c0145183_11201853.jpg
天蚕の繭みたい。
清々しさが
展示したひとに似ている。
翳まで美しいのだから。





にほんブログ村
by green-field-souko | 2019-01-24 11:37 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(1)

近況



くたびれて風邪。
善良なひと達からの元請け仕事。
こじらせて熱と咳。
それをこなすためのアイテムを差し出してくれるひと。
気管支炎。
約束の旅。
WILLERのターミナルがおもしろい。

吸入器、白い錠剤、シロップ。
古市から竹内街道であちこち。
葡萄畑、蜜柑畑、古墳。
羽曳野は大阪よりも奈良に暮らしが近い。

小児喘息だったころに戻ったような咳。
民俗から追っての打診。
眠くて仕方ない。
リスト検索システム項目の検討。
情報発信のライティング。
なかなか終わらせられない調査カード。
来月頭の打ち合わせ準備。

羽曳野のクリニックでもらった薬が
なくなったので、
きのうのブランチは打ち合わせがてら、
トマトスープ、ブロッコリー、ワイン。
ハイスペックSE氏のやり方は、すごくて素敵。
仕事ぶりにどきどきさせられて、
おもしろくて仕方がない。

動きすぎた。支離滅裂。おやすみなさい朝だけど。




にほんブログ村
by green-field-souko | 2018-11-25 07:40 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(8)

赦してもらったようで



関わらせてもらった展示仕事が、夏の終わりに公開されたので、
こんな機会はもうないかもしれないから
「見てみたい」
というかーちゃんを、連れて行った。

実際のところ、展示など、どこまで解ってくれるのか知らないが、
「よい展示だねえ」
とだけ、かーちゃんは言った。

展示はもちろん、わたしだけの仕事であろうはずはなく、
あくまでもスタッフの一人でしかないのだけれど、
それでも、自分がやった部分をいちいち、かーちゃんに教えた。

「そうね、あなたらしいもの、解るわ」
かーちゃんは、言いながらそこのところを、じっと見ていた。





家に着いてから、かーちゃんは大きく息を衝きながら言った。
「大変だったけど」
「お金なくてほんとうに苦しかったけど、
ガッコー行かせてやって、よかったわ」
「思うほどお金を送れなくてあなたも苦しかっただろうけど、
でも、こんなによい仕事をさせてもらえたのだから
やっぱりよかったんだわね」

うちの経済を考えれば、
とんでもなく過ぎた進学だったわたしの学費を
かーちゃんは爪に火を灯すような内職のやりくりで、なんとかしてくれていた。
あまりにも大変なそのつらさが、恨みにも似た痛みになっていたことを
感じていなかったと言えば、嘘になる。

べつの進路もあっただろうに。
無理を通したことは長い間、わたしの重石になっていた。
とりかえしのつかないことをやってしまった、と後悔もした。
自分のわがままで母を苦しめた。
とりかえしのつかなさは、生涯の罪と呑みこんでいた。



「そんなふうに言ってもらえるなら」
わたしは上ずりながら言った。
「もうねえ、いつ死んでもいいなあ」

その展示仕事は、長岡市寺泊民俗資料館。
あとで記事にしたい気もするが、気持ち的にできないかもしれない。
みっともないこの記事も、
ファン限定に切り替えるかもしれないし、しないかもしれない。


c0145183_09222141.jpg


画像は、わたしのソウルフード、芋こ味噌ごはん。
毎年、秋になると、畑から掘り起こした里芋でこしらえる。
近づく冬を前に、ほっとするような。

とりあえず。





にほんブログ村
by green-field-souko | 2018-10-19 10:39 | とるに足らないモノコト | Trackback

中秋



ススキ飾って、おだんご供えて、お月見をしましょう。
かーちゃんが言うので、おたま家族と実家に集合。

c0145183_11023865.jpg


昨晩は、雲に隠れて、とうとう月は見えなかったけれど、
おたまのリクエストのお煮しめや
ハルの好きな唐揚げを囲んで、ひさびさ。

おたまは辛辣な語彙が増えていて笑えた。
ハルは言いたいことを後生大事に貯えるモジモジくん。
二人が読みたがっている本を渡せたのは、よかった。



なんの反動か、帰ってから酒を呑んでしまう。
ひとりコップにつぐ。
とーちゃんにも、ついであげる。




にほんブログ村

More
by green-field-souko | 2018-09-25 08:35 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(8)

潜熱




暑すぎる夏が終わっても
c0145183_05223014.jpg
クールダウンできないでいる
c0145183_05223466.jpg
闇は果てしないのに
c0145183_05223981.jpg
夜の隙間は狭く
c0145183_05224349.jpg
気持ちの置きどころがわからない






にほんブログ村

More
by green-field-souko | 2018-09-23 05:50 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(4)

丑三つ時のめざまし



もう限界なくらい、くたびれ果てていた夜。
なのに、朝までにやっとかないといけない仕事が手つかずだったので、
仮眠することにしたのだった。

ちゃんと起きられるか。
起きて仕事して、約束の時間までに間に合うか。
求められたクオリティまでいけるか。

ちょっとした、いちかばち。
こういう場合は、たいていなんとかなるのだけれど、
なんとかならない時も、なくはないのが怖ろしい。




眠ってしまったわたしは、
なんだか明るい夢のなかに居たような、
花の匂いをかいだような、

c0145183_19263177.jpg
ふあふあと気持ちよく眠っていたところを、
スマホのメール受信音に起こされる。


おかしいな。メールの着信なんて、ない。
気のせいかと思って、また、すこし眠りかけたら、
今度は耳元で声がした。
「おい!」
おいッ!!
おいッ!! 草子ッ!草子ッ! 」

聞き慣れた怒鳴り声に、わたしはガバッと跳ね起きた。



とーちゃん…だ。

眠くてグラグラする頭を抱えながら、苦笑い。
「仕事せー」
「うんと働けー」
「難儀なことほど、やったもんの勝ちだどー」
なんてことを
よく言っていた、とーちゃんが思い出された。

なので、
起こしてもらっても、
ありがとう、なんて礼は言わなかった。
うるさいクソジジイだ、と、独り言をいいながら
丑三つ時のPCに向かったのだった。


とーちゃんは、あんがい近くに居るらしい。
そうして、頼みもしないのに、ハッパをかけてくれるのだな。
は~親って死んでからもありがたいわ。




にほんブログ村
by green-field-souko | 2018-09-18 20:14 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(10)

おおさわぎの雪



昨日からの里雪型の降りっぷりで
公共交通機関が停まったり、
スタックや自損事故もあちこちで。

雪はいくらでも
ぼそぼそと空から落ちてきて、
昼をすぎても、ぜんぜん降りやまない。

c0145183_18491913.jpg


8年ぶりだという大雪から、
車を掘り出すのに2時間半。
迎えに行ってあげたいのに間に合わず、
焦りながら途方に暮れた午後。

c0145183_18491560.jpg

とりあえず、
磐越西線が徐々にでも復旧してよかった。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2018-01-12 19:02 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(22)

JKおたま



しばらくぶりの、おたま嬢。


c0145183_12175545.jpg



年末。中学生までは報告がてら見せてくれていた成績通知表を
いつのまにか見せないようになったので、
たまばーが訊いたところ、
「お見せできるほどのものではござんせん」
とニヤつきながら答え、
たまママに、
見せられる成績とったらどうなの!と怒られていた。

英語をやりたいからと言って
遠距離通学を選んだのに、肝心の英語はどうなっているのか。
今のところ栄養士になりたいらしい。

まあ、どうでもよろしい。
だって、おたま、だもん。笑


その夜。
みんなで食べた後の、すき焼き鍋に野菜を大量に足し、
あらためて煮ているので訊いた。
そんなに、どうするの?
「余ったの、もらっていく」
「あす友達が遊びに来るから、ここにうどんを足す」
「こういうのが、一番おいしい」
おたまはそう言って、鍋ごと持ち帰ってしまった。
みんなが行き着かなかった、うどんもついでに。

おたまの友達、びっくりしただろうな。笑
まあ、どうでもよろしい。
だって、おたま、だもん。笑







More
by green-field-souko | 2018-01-11 10:12 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(12)

弁当箱復活



もう随分前に、大内宿で求めたお弁当箱。
木のやわらかな感触と、大きさもちょうどよく、
手入れが下手でカビさせてしまっても
どうにも捨てられずにいた。

漂白しても落ちないカビではあるが、
それなら、なにかを塗布して閉じ込めようかと
あるとき思いつき、内側に漆を塗ってみたのだった。


c0145183_15381395.jpg

上等のものなら本職に塗り直しを頼みたいところだが、
持ち込むのも恥ずかしい品なので
(しかし愛着はたっぷりある!)
これはもう自分で塗るしかない。
塗っては乾かし、乾かしては塗り、を何十回繰り返しただろう。
ヒビ割れ箇所も漆で埋めた。


c0145183_15381875.jpg

で、10か月ほど放置したところ
漆の匂いがとれてきたので、
そろそろ、また、働いてもらうことにする。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2017-12-07 15:50 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(8)


c0145183_15140259.jpg
行ってみようと思う。
どうせこんなもんだろう、と大きな歩幅でザクザク。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2017-05-04 15:21 | とるに足らないモノコト | Trackback | Comments(10)