ずっと生き難かった。ため息と深呼吸の備忘録。


by 草子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:日々の照り降り( 790 )

白鬼茸



わたしは毒がありますよ。



言われなくても
間違いなく有毒そうな、きれいな、きのこ。
シロオニタケというらしい。


c0145183_09330246.jpg

白鬼は、
陽蔭で、
咳をする。

雨で肌寒かったので、
そんなことが
頭に浮かんだのかもしれない。

秋はいつも、ストンと
なにかが墜ちるように訪れる。

プラネタリウムの
上映時刻に間に合わず、
自分に機嫌わるくなる。






にほんブログ村
by green-field-souko | 2018-09-17 09:38 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(12)

雷が鳴っている


裏方とか、黒子とか、影とか、って立場がわたしらしいと思うので、
表に出すことはしないでほしいと頼んだ。




20年に一度くらいで、しつらえを新しくするなんて、
どこかの御遷座みたいなものだけど、
わたしにとって今回が
実質、最初で最後ではないかと思ったりするので、
無形の棟札みたいなものを置いてひっそりと立ち去れたら本望。





名前を出さない。結果は表のひとの手柄。

仕事が認められさえすれば、
それで、全然いいと思う。










にほんブログ村
by green-field-souko | 2018-06-30 20:01 | 日々の照り降り


あの日。
父が逝きかけているとき、わたしはデイルームで仕事をしていた。
ごく当然のいたしかたなさで、「こっちの業界」のオーダーをこなそうとしていた。
ほどなく息を引きとった父を連れ帰り、
日付が変わるころ、仕事の続きをやろうとしたものの、
どうしてもできなくて、
この仕事に就いてから初めて、役割を手放してしまったのだった。
わたしの代わりなどいくらでも居るから
と、くやしく、ため息をつきながら。




「あっちの世界」にも、かなり迷惑をかけてしまった。

c0145183_23061749.jpg

のに、

四十九日を過ぎたころ、
チケットが余っているからと
学芸員さんから、きっと、やさしい嘘の、誘い。
人間っていいなあと思わせられるライブでひさびさに笑った。

笑いながら、でも、仕事のほうはもう諦めていた。
だれかほかのひとへ移ったに違いない。
仕事なんてそんなものだけど、ライブはよかった。


それから、外が明るいうちから、タパスをつまみワインで話す。
ところで、と。
復帰はいつごろから大丈夫かを訊かれて驚いた。
ありえない。まさか。
2か月も、わたしなんかを、待っていてもらえたなんて。



「あっちの世界」のやさしさに、
「こっちの業界」が褪せてくる。
調子にのって、勧められた論文を書いてみようか
という気持ちに今は、なっている。






にほんブログ村
by green-field-souko | 2018-06-02 23:17 | 日々の照り降り

雨の匂いはつめたくて



喪っていた身の置きどころを
雨音が示してくれた朝は、
いくらでも眠り続けられそうで嬉しくなる。



ここには、大きな音がない。
猫が居るだけだから。

にぎわう場がいつも苦手だった。
ふれてくる有形無形のものに疲れさせられていた。
痛みや悲しみはひとよりも大きく、
喜びや楽しさを表現するのが、下手だった。
集団になじめず、団体行動ができない。

できれば
穴蔵的環境にひきこもり、
そこで仕事なりをして
暮らしを立てていくのが望みだった。



がまんは上手な子どもだった。
おとなに便利なよい子だった。

発達障害や感覚過敏の語が、まだなかった時代。
どこにも、だれにも、なじめず、
わたしは、どうやって、生きて来れたのだろう。

ソウコハ カンカクカビン ジャナイノ?
ひとに言われ、
そうかもしれないと自分でも思ったので備忘録。





雨は上等の毛布。 おやすみなさい。





にほんブログ村
by green-field-souko | 2018-05-03 06:23 | 日々の照り降り | Trackback

11月22日の朝



庭のくぼみに初氷。

c0145183_15013273.jpg

シロツメクサとヒメジョンに初霜。

c0145183_15013831.jpg

いつの間にかピンクに変わってしまったけれど、
ほんとうは紫の薔薇にも霜。

c0145183_15014373.jpg

寄り添わないことも大事。
適当に逃げられるようにしておくといい。
そう教えてくれたひとに
ちゃんと逢えたらいいのに、と思っていた日だった。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2017-12-07 15:12 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(4)

雲月



時間の流れは緩まない。

置き去られるな、

そのひとは
わたしに言う。


c0145183_05492611.jpg

でも、もう、いいのかもしれない。
性急に追いかけたい価値など、
此処には、
なくなってしまった。

とっくに。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2017-11-27 05:54 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(2)

初雪




車を走らせていたら、
フロントガラスにあたる雨が雪に変わった。

ある程度の標高から上は雪。

c0145183_18443385.jpg

臨む山並みが横半分に、白くなっていく。



例年より5日早い初雪。
雪国の冬がはじまる。
間違いなく憂鬱な雪なのに、
気持ちのどこかで
ほっとするのは何故なのだろうか。

雪は仕方のないもの。
好きとか嫌いとかではないけれど、
嫌いだけど好きなもの、
なのかもしれない。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2017-11-19 18:59 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(4)

暗がりの中の陽だまり




こちらに居れば、あちらが気になり。
あちらへ行ってみれば、むこうから呼ばれる。

いろいろ、いろいろあって、
いよいよ定まらずに何年か経ってしまった。

なにがよいのか、ますます掴めないが、
今まで
なんの保証もなくやってきたのだから、
今さら
臆することでもなかろう、と結論。



もがれた柿が、物置で追熟を待たれていた。

c0145183_18282377.jpg

柿とは、こんなに、
あざやかな色だったろうかと、
生まれて初めて柿を見たような気持ちになった。

陽だまりは、秋の日の、時間をとめる。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2017-11-05 18:45 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(4)

ようやく睡魔が




どうやっても、
自己否定から抜け出せないでいた。



諦めと絶望の数日間があった。
たいしたことのない、
けれど、
へこむには充分なダークに
やられてしまっていた。



二度めのオファーで、
迷いが切望に変わる。
だれがなにをしてこようと、
わたしが
わたしを、
これでいいと思えるまでは。

そう決めたら
途端に
睡魔が、うねるように降りてきた。

とりあえず、おやすみなさい。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
by green-field-souko | 2017-11-04 00:38 | 日々の照り降り | Trackback | Comments(2)

昨日ちょっと

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by green-field-souko | 2017-10-27 07:41 | 日々の照り降り